十三人の刺客(1963)


「十三人の刺客」1963年 東映
監督:工藤栄一
脚本:池田金男
出演:片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、内田良平

愚劣で粗暴な大名を暗殺すべく集められた十三人の刺客たちの死闘が描かれる。双方の頭領で親友同士の2人島田新左衛門(片岡千恵蔵)と鬼頭半兵衛(内田良平)との虚実とりまぜた駆引が最高に面白い。里見浩太朗は数十年後に黄門様になろうとは、まさか想像も出来ないほど若々しい。西村晃のキビキビした動きにも魅せられる。もっとも格好がよいのはアラカン、嵐寛寿郎である。立ち居振舞いが素晴らしい。戦前の全盛期は、もっとすごかったのだろうなぁ、とほれぼれするほどである。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です