ぎょうざのゆうべ①


昨夜のメニューはギョウザであった。
わが家ではギョウザといえば父の仕事となっている。材料調達や、刻みの面倒な作業は家内の仕事だから、大して難しいことはない。時間のかかる箇所だけ、お前がやれと申し渡された、というだけの事だ。

とはいえ、まぜ・包む・焼くという作業は、これはこれで面白く、いつも喜んで作業している。
わが家のギョウザは、合挽き肉に大量のニラ、ゆでた白菜を細かく刻んだだけのシンプル具材である。そこに、しょう油、ごま油、中華あじ、片栗粉などで味つけをしてよく混ぜ練り上げる。焼いた後そのまま、またはレモン果汁だけでさっぱりいただくのがわが家流である。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

【本日のパンづくり⑤】

次の記事

ぎょうざのゆうべ②