長野市「味銀」とりあえず終活よりもナス活を


店名 味銀
場所 長野県長野市下氷鉋1-1379-1 [地図はこちら]
電話 026-283-6733
ジャンル 中華料理
バリアフリー △ 入口に段差あり

自宅のリフォームした。

といっても義父の10畳ほどの畳敷の部屋をフローリングに変更しただけだが。義父が亡くなってからは、仏壇に線香をあげるか、着替え部屋として使っていただけなので、どうしても締め切りとなってしまう。そんな状態を数年続けていたが、先日ふと思いたって敷きっぱなしのカーペットをめくってみたら畳表にうっすらカビが生えている。

締め切りで

カーペット、畳は昔流行った断熱材封入式のもの。そこに長梅雨高湿度とくればカビが生えない方がおかしなものだ。あわてて家具を片づけ、ものを出し大掃除、乾燥作業を敢行したが、アレルギー持ちの家内がどうしても気になるというので、では元凶である畳を取り除き無垢のフローリングと変え、あとは物品を少なくして換気を頻繁に行えばカビとは無縁の生活が出来よう。

という事で

いつもの大工さん(というよりも私の師に近い)にお願いして工事開始!…とはいうものの、うまいし手も早いし段取りも頭もよいのでものの数時間であっという間に終わってしまう。あとはゆっくり片づけて、と思っていたら家内があれを取り出せ、これをここにまとめてそこに置けと始まった。おいおいいったいどーしたの?と訊ねたら、この際だからぼつぼつ終活を始めたいと言い出した。

終活

すなわち「人生の終わりのための活動」だ。まだ50ちょぼちょぼだし気早すぎやしないか、と申し上げたのだが逆に50過ぎれば60、70なんてあっという間だ、返されてしまえば答える術もない。そもそも伯母と義父の片づけも途上なのだ。それは致し方ない、ぼつぼつやってみようかと、ゆっくり周りを見渡し始めたところである。

とはいえ

今のいますぐにちゃっちゃと。というわけにもいかない。それなりに段取りも判断も必要であろう。あくまでも長期プロジェクトとして推進していく事とする。そんな悠長なことよりも今はまだ夏だ。今活動するべきは、今やるべきは、今食べるべきはナスだ、ナスを摂取しなければならない。とりあえず終活よりもナス活だ!!!!

「味銀」





下氷鉋にある中華料理店。いつも混雑しているのは立地だけでなく、定食のバリエーション、ボリューム、価格(以前に比べればだいぶ上がってしまったが)そして味わいのバランスがよいからであろう。

「マーボーナス定食」990円



定食の盆の上には漬け物、中華スープ、ご飯そして紅いどろどろのマーボーナスというじつにぶっきらぼうな構成だ。ナスの仕立て方は店それぞれだが、こちらのは漢らしく半割りでドッカンドッカンと豪快に投入されている。









スプーンで

すくい取りひとすすり。けっこう辛い、辛いのだがこれくらいでないとマーボーナスは白けてしまう。『麻婆』の名が泣いてしまうというものだ。





これは井之頭五郎流にOn the Riceとするべきだろう。熱いご飯の上にドサっと贅沢にのせ、行儀など関係なしにかきこむ。これが正当な食べ方であると確信する。

終活

片づけといえば義父との約束を思い出した。伯母の遺産(金目のものはないが)の整理を行わなければならないのだ。ああああ、そちらもぼつぼつ始めなければならない。庭先の物置を覗くのは気が進まないが、手をつけていかないと。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です