上田市「お城の坂道」魅力の城下町


【お店のデータ】
お城の坂道
場所 長野県上田市大手1-12-23 [地図はこちら]
電話 0268-27-6516
駐車場 あり

上田映劇の始まりと終わり

上田映劇という映画館がある。
上田市中央なる地籍は、昔から大きな歓楽街であったとのことだ。この場所には明治の時代から芝居小屋があり、大正になってから「上田劇場」として建て替えられたとのことだ。
昭和に入り、映画が中心の興行となったため、「上田映画劇場」と改称、それを縮めて「上田映劇」となったのだとか。映画全盛の時代は、大変な混雑だったそうだが、次第に観客は減少、平成に入り定期上映を終了することとなった。

再生

しかし、このまま伝統ある上田映劇をつぶしてはならぬ、という声があがり、映画だけではなく、演劇や落語、トークライブ、クラシックコンサートなどフリースペースとして活用されることになった。また映画も、シネコンにかからないような地味な作品やドキュメンタリーなどを上映する、いわゆる「ミニシアター」としての機能も持つようになった。

その豊穣な空間

大正6年落成という小屋は、決してきれいな施設ではない。あちらこちらはが古びている、清掃は行き届いてはいるが、どうしても「清潔感あふれる」とまではいかない部分がある。当たり前だが、耐震強度も不足しているだろう。
しかし、これがよいのだ。映画「館」というよりも映画「小屋」という風情が、マニア、映画好きにはなんとも言えないほどの良さがある。室内の格天井はおそらく大変高価なものであったと、推察される。さぞや豪華なものだと、持て囃されたのではないか。創業当時の館主、スタッフたちの気合いが今でも匂ってきそうな、豊かな空間なのだ。

上田市街の面白さ

この映画館と出会って以来、上田の街中をふらふらするのが気に入ってしまった。といって2度ほどしか試したことはないが、駅前から袋町などの小径を、あてどなくウロチョロするのが面白い。
城下町だけあって、細かな道が縦横にはしり、迷路のようになった地形は、自分がどこにいるか、一瞬わからなくなるというちょっとしたゲームを体験しているような感覚が起こって、これがまた面白い。

お城の坂道

先述の通り、2回ほどしかあるいていないので、まだまだ発見があるだろう。楽しみ楽しみ。特に楽しみが食事処である。こちらは調査が行き届いていないので、今回は行きつけの「お城の坂道」に参る。

「お城ごちそう小鉢御膳」

野菜たっぷり、なるべく地元の野菜をつかって、その日ごとに変わる主品と小鉢の各種おかずをひとつひとつ手づくりしています。との事だ。本日もいつも通り豊穣なおかずども。全部で7種の惣菜にご飯と味噌汁という、スーパー豪華な御膳である。まずはご馳走小鉢から紹介しよう。

じゃがいもの甘辛煮

という割にはあっさり味つけで美味い。新ジャガらしく、ぷっつりと弾ける皮がなんとも言えない快感となる。

山芋とキュウリの和え物

こちらもとろとろでよろしい。山芋のさくさく感とキュウリのパリパリ感、歯ごたえの違いが楽しめる。

にんじんしりしり

お母さんの手料理そのもの。にんじんの甘さがしっかりとしてとてもよいのだ。

瓜の漬物とサラダ

もはや安定的存在といって過言ではないだろう。なにはさておき、瓜が美味い美味い。

味噌汁とご飯

味噌汁の具材あおさと豆腐で大感激。あおさはざっとした刻み方だから歯ごたえよくてよし。ご飯はいつも炊きたてで、熱く甘みがよろしい。おかわり自由というのが泣ける。そしてメインディッシュである。

丸茄子のしぎ焼きおよび油味噌

野菜好き、なす好きにとってこれほどの幸せはない。双方とも、なすと味噌を用いた料理でありながら、これほどくっきりとした違いを魅せてくれるとは。しぎ焼きは、丸なすの水分を上手に利用しており、とてもジューシー。油味噌は加熱したなすの、トロンとした舌ざわりがとても美味い。

上田 底なしの魅力

以上である。
いつもの通り、野菜中心のメニューで、若い人には「地味なメニュー」としか映らないであろうが、肉類がない(肉類がメインディッシュの場合もある)というだけでじつに挑戦的なメニューであると思う。「なるべく地元産の野菜」でこれほど多彩な惣菜を作ることができるなど、相当な技量であるといえる。素晴らしい。これが上田の、底の知れない魅力のひとつなのだ。


にほんブログ村

佐久市「三月九日 青春食堂」Yes!Thank You!


【お店のデータ】
三月九日 青春食堂
場所 長野県佐久市岩村田762-5 [地図はこちら]
電話 0267-68-1139
営業時間 11:30〜15:00、17:00〜21:30 LO
定休日 不定休
駐車場 あり

佐久平

佐久平は長野県内でも屈指の地域であると思う。とにかく眺望がよい。雄大な浅間山麓が広がる、悠々とした景色があちらこちらで見られる地域は他にはない。安曇野も悪くはないが、地形や起伏の関係だろうか、スタイルのよさというてんでは佐久平の方を好む。

「三月九日 青春食堂」

そのような地域だから、住む人びとも大らかな性格の方が多いように感じる。こちらのネーミングもそうした土壌から発したものではないか。「Thank you」で「三月九日」とは、なかなか言えるものではない。馬鹿にしているのではない、佐久平らしさ満載の名前が清々しいといっているのだ。

こちらのメニューの何が好きといって、普通の家庭料理っぽいものがある事だ。「信州豚の葱ソース焼き定食」など、食卓にヒョイっと登場しそうなメニューである。今回は、「今が旬!」と冠された季節メニューに挑戦してみたい。

「新玉ねぎの豚肉巻き定食」780円

肉巻きもの、というメニューはご家庭では定番的な存在だが、飲食店であまり見かけないのは、やはり手間がかかるからだろう。串切りにした新玉ねぎに薄切りにした豚肉をひとつひとつ巻いてるいく工程は、大変な作業であると思う。

しかし、手間がかかった分だけうまい。新玉ねぎの甘さと、ショウガの効いたソースは他にはない味わいだ。熱いごはんとの相性も、これ以上ないというほどである。

佐久平と「青春食堂」

じつによき取り合わせだ。双方ともに、長いつきあいになりそうで、とても楽しみだ。


にほんブログ村

須坂市「きくの」アジフライそして「海街diary」のこと


【お店のデータ】
きくの
場所 長野県須坂市須坂1453−11ぱるぱるストリート1F

この8月で、吉田秋生「海街diary」の連載が終了するという。正直なところ哀しい気分だ。四姉妹の行く道が見えてきて次のステージに、そのような展開になってきたので、そろそろ終わりかな、とは思っていたが、いざその時を迎えるとなると誠に残念でならない。

鎌倉に住む四姉妹が主人公である。長女 幸、次女 佳乃、三女 千佳そして四女で三人とは腹違いで生まれた すずを軸に物語は展開する。多くの登場人物と練り込まれたキャラクター造形、複雑に張られた伏線、娘たちの行く末がゆったりと、悠々ときめ細かく描かれていく。

様々な物語が紡がれるが、中でも四姉妹が金沢を訪れるエピソードが好きだ。父母が駆け落ちした先で生まれたという出自に後ろめたさを感じているすずが、実は多くの愛情を受けていた事に気づくという、涙なしではいられない挿話だ。

もう一つ、丁寧に描かれるのが様々な食べ物である。ちくわカレー、しらすトーストなどがエピソードごとに登場し、複雑な人物関係を一本に繋げるアイテムとして扱われる。中でも重要なものとして描かれるのがアジフライである。

海猫食堂の女将の死、長女次女そしてすずの恋を繋ぐ重要なアイテムである。以来、このメニューを見かけると注文してしまうのは、愁いを帯びた登場人物とは違って、単に軽薄なだけであるところが情けなくてならない。

という事で須坂のレジェンド、きくのにて

アジフライ定食」400円

テレビで取り上げられたくさんの人びとが押しかけ、とんでもなく有名になっても、一切ペースを変えないところは「海街diary」と共通するところかもしれない。

こちらの特徴はボリューム満点、品数豊富、一切手を抜かず、そして安いという事だ。メインに小鉢もの3、漬物、てんこ盛りご飯にみそ汁がついて400乃至500円とは、非常識という以外に何ものでもない。

まずは本日の小鉢もの。

キヌサヤの玉子とじ
なすの煮物
豚肉と白菜炒め
フキの煮物
どれも簡単なものだが、それだけに手抜きのできないものばかりだ。

そしてアジフライ。

大きなものがふたつ、そこに目玉焼きと千切りキャベツが装備された、本格的な一品である。

まこと、分厚く立派なアジフライである。ソースか醤油か、毎度悩むのだが、今回は迷いなく醤油を選択する。

「海街diary」は吉田の「ラヴァーズ・キス」とのクロスオーバー作である。この二作と、今後描かれるであろう作品とで「鎌倉三部作」とする構想であるという。それはそれで楽しみでならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

山賊焼、じいちゃんばあちゃんお孫ちゃんのいるお店 塩尻市「正和食堂」


【お店のデータ】
正和食堂
場所 長野県塩尻市大門七番町13-28 正和コーポ 1F [地図はこちら]
電話 0263-52-1242
営業時間 12:00~14:00、17:00~21:00
駐車場 あり(5台)

辰野町まで道行きである。
無論、仕事である。時間にゆとりがあった上に、お客様より『少し遅くしてくれ』との連絡があったので、ゆっくり下道で行くことにした。もともと、スピードを上げる方ではない。ゆったり風景を眺め、美味しいものを食べながら行こう。

『山賊焼』

なる面妖な食べ物を知ったのは松本に移り住んでからだった。鶏肉に下味をつけ片栗粉をまぶして揚げる。
『鶏を揚げる=取り上げる=山賊』
からとられた、あるいは塩尻にある『山賊』という居酒屋が発祥だからと、諸説あるようだが、地域の皆に愛され、今や松本塩尻地域のB級グルメとして知らぬものはないほどの存在になった。

せっかくだから昼は山賊焼としよう。
様々な調査を行い、いくつかの店がピックアップされたが、ここはやはり初訪問を優先すべきであろう。ということで今回は塩尻市にあるこちら

『正和食堂』

以前から名のみ知っていたが、北信住みゆえになかなか来ることが出来なかった店だ。塩尻駅近の住宅街の真ん中にひっそりと建っている。経験上、このような店に間違いがあったことはない。

六畳ほどの小上がり二つとカウンター席の小さな店内。
ご主人と奥様お二人で切り盛りされているようで、ガラス仕切りの向こうで忙しそうに働いている。どこに座るかな、と見回していたら小学生くらいの可愛らしい女の子がひょいと現れ「何名様ですか?」

1人である旨を伝えると、カウンター席に通される。
お孫さんだろうか。後片付けや水を出したりと健気に働いている。ロリコンの気は全くないが、一所懸命の子どもを見るとホロりとさせられる。あゝオレも「はじめてのおつかい」で涙する歳になったか。

「山賊焼定食 大」1180円
糖質制限中のためご飯は小盛りでの注文とする。だったら単品を注文せよ、と思わなくもないのだがそこはそれ、定食のフォルムを確認しておかないと気が済まないのだ。それにしても大変な迫力である。特に骨つきタイプが尋常ではない。

骨つきタイプの隣には、胸肉であろうか、骨なしのものがふたつ、可愛らしく鎮座している。揚げたてあつあつでうっかりすると、肉汁が零れ落ちそうになるほどジューシーだ。向こう側につけあわせのナポリタンがレタスの山とともにひっそりと、しっかりと山賊どもを支えている。

小鉢もの
『冷奴』と『白菜の漬物』

冷奴には味がついてますという。白出汁でうっすらとした味わいが珍しく、品が良い。白菜もしっとりと美味い。自家製であろうか、さくりとした歯ごたえと、薄味なのもよい。豪快なメインのサポートに徹した存在だ。

みそ汁はエノキと白菜。

定食屋のみそ汁は煮詰まり気味が『らしく』てよいと確信する。大量に作り長い時間温め続けるから、どうしてもこうなってしまう。あまりよろしい所作とは言えないが、流行っている定食屋なら許す。こちらも同様だ。みその香りのとんだ、少し塩辛いくらいの味わい、しかしこれだからよい。これでなければならない。

調味料として洋がらしとごま塩が装備されている。

下味がついているので不要の気がするが、双方ともに揚げ物との相性は否定出来る筈もない。したがって喜んで使わせて頂く。塩が美味い、ごま塩というのが泣かせる。『ごまかす』は『胡麻化す』なのだ。何でも美味くなってしまう。

いつも通り、ご飯を盛大に残して終了。清算の際にお尋ねしたらやはりお孫さんとのことだ。学校が休みの時に手伝ってくれているという。かわいらしいお手伝いさんがいて、おじいちゃんおばあちゃんは助かりますね。とお話したら、『ようやく使えるようになったんだよー』と言いながらも、満更でもなさそうな笑顔を浮かべた奥様がとても印象的だった。

味のり・梅ぼし定食


50年生きてきて、ずいぶんいろいろなものを食べてきた。特に外食においては、高いもの安いもの、豪華なもの大したことのないもの様々であった。

…が、今回ある意味ですべてを凌駕する、衝撃的なメニューと出会うことができた。

「味のり・梅ぼし定食」280円

朝食ではない。ごく普通のメニューとして存在する。素晴らしい、美味かった。詳細はいずれ

須坂市「とら食堂」腹がへったら”とら食堂“


【お店のデータ】
とら食堂
場所 長野県須坂市大字相之島539 [地図はこちら]
電話 026-245-8100
営業時間 11:00〜20:00
定休日 月曜日
駐車場 あり

海街diary

先ごろカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した、是枝裕和が2015年に製作した作品「海街diary」を観た。鎌倉に住む、歳の離れた4人姉妹の日常を淡々と悠々と描いた佳作だ。

4人の暮らしがたっぷりと描写、…というより映画そのものが、彼女たちの暮らしの中にあるのだ。かしましく、などという可愛らしいレベルではないほどの騒がしさ。間段のないおしゃべりと共に食事をとり、服を選び、ケンカをし、酒をのみ、いたわりあう様が面白くてならない。女だらけの暮らしってこんな感じなんだ。と、男三兄弟の末っ子は深く感じ入る。

男ばかり産んでしまって面白くない
と母親は嘆いた。4姉妹+長男1という、「海街diary」以上の場に育った母にとって、まさかこんなむさ苦しい家庭を作り上げてしまうとは、まったく想定外であったようだ。
でかくて重くてくさい洗濯物、ケンカは一度始まると物は壊れそこいら中がめちゃめちゃとなり果てる。おしゃべりではあるが、女性と違い「間段なくしゃべる」ということがない、割と静かな茶の間など、思ってもみない状況であったのだから。しかもそれが、すべて自分が生み出したもの、自分の責任なのだから余計と面白くなかったのかもしれない。
中でも、もっとも面白くなかったというのは食事の場だったとか。たしかに、一人当たり肉を2キロずつ平らげたり、朝食用に一升、弁当用に一升ご飯炊かなければならない状況は、彼女からすれば無残としか表現しようがなかったかもしれない。

母の激怒

それ以上に腹が立ったのはその光景。肉2キロ食べようと、どんぶり飯三杯喰らおうと仕方ない、我慢しよう。問題は、おかわりする際に
「んッ」
とだけ言って差し出すこと。
「せめて『おかわり』くらい言いやがれ!」
と、叱られた小学3年夏休みを現在でも鮮明に覚えている。

「とら食堂」

須坂市相之島、小布施街道添いにあるこちらはまさしく「オアシス」であると思う。わが家と比較して、ということだが、ご飯、みそ汁、キャベツ食べ放題という豪快かつ太っ腹なお店で、「んッ」とどんぶりを差し出しても怒られないところが何よりもよい。しかしまぁキチンとした飲食店であるし、こちらも「んッ」なんて無礼なことはしないが、ご主人以下全員がいつもニコニコ。「いらっしゃいませ」「おかわりいかがですか?」と気配りを怠らない、その笑顔こそ「オアシス」と感じる次第だ。本日も、いつも通りのニコニコの中で、いつも通りのメニューを注文することとなる。

「焼肉定食 超大盛」

特製のタレと最後にどっかりと投入されるマヨネーズによって、まったりと仕上げられている。ぷりぷりの豚バラ肉がたまらない。タレにからめていただく千切りキャベツほど美味いものはない。

「ご飯おかわり記録」

なるものが店内に掲示されている。いつぞや最高で20杯と聞いたが、その後更新されたであろうか。この貼り紙を見るたびに、母のあの日の怒鳴り声がどこからか聞こえてくるような気がする。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

長野市「乙妻」19年のおつきあい


【お店のデータ】
乙妻
場所 長野県長野市高田338 [地図はこちら]
電話 026-226-4240
営業時間 11:30~14:30、18:00~22:00
定休日 日曜日

移住

長野県に移住して今年で20年になる。
時の流れに疲れ果て、というほどでもなかったのだが、東京でいろいろあったのは確かである。バブルも終り、狂騒やんでヤレヤレと思ったのもつかの間、勤務先が一気に傾きはじめ、困り果てたが逆にこれを幸いとして、いっそのこと長野へ行こう。嫁さんの実家も心配だし、環境の良い場所で子育てするのがよいだろう。そんなこんなで引っ越して来たのが1998年6月のことである。
転職先で最初に配属されたのは松本だった。

排気ガスだらけの東京と違い、澄み切った大気と清麗な水。水が「うまい」と感じたのはこの時が初めてだった。
窓を開け放っていたら、寒くて起きてしまった6月の朝。どうも顔面がぴりぴり痛くて仕方ない。よぉく観察したら紫外線が強く日焼けしたのが原因だった。冬もすごかった。「痛い」としか感じられない寒さ。街中でダイヤモンドダストを見た時の驚愕。
安曇野の山々はどこまでも深く、昼間でも野生動物たちサル、キジ、カモシカを目撃する、イノシシと出くわした時は感動してつい近寄ってしまい、同行の先輩に怒られた。初めて過ごす地方の生活は、東京でのほほん育ったお坊ちゃん(という歳でもなかったが)の予想を遥かに超えるものだった。

そして長野へ

翌年長野市へ転勤。
「めくるめく」体験をもたらしてくれた松本とは、正直別れ難かったが、会社から「行け」と言われては致し方ない。それにもともと来たかった地であるのだから、嫌も応もない。
長野市に来て最初の確認事項は本屋と図書館、そして定食屋の在り処だったのが「らしいところ」と言えよう。双方ともになければ死んでしまう。とはいえ、本屋も図書館もちょいと探すだけでなんとかなる。問題は定食屋だ。
「端から試していけばいつかは」
という手法もなくはないが、それではあまりに非効率すぎる。ここはひとつ口コミを利用するべきであろう。同僚のMくんに、うまくて盛りよくそこそこ安い定食屋を。と尋ねたら教えてくれたのがこの店である。

「乙妻」

おとづま
と読む。今昔物語を思わせるような響きで少々驚いたものだ。こちらはとにかくすごい。大皿にてんこ盛りの惣菜、ドンと鎮座する丼メシ、油揚げと麩、もやしのみそ汁はいつも変わらない安定感をもたらしてくれる。

大盛り!

などとコールしようものならとんでもないことに発展する。定食ものはあの丼メシが二つどん!どん!カツ丼天丼などは蓋が閉まらないほどの大ボリューム。
オムライスは真円のマクラである。よほどの食欲と覚悟をもってして挑むがよいだろう。幾度となく後悔したものが言うのだから間違いない。

こちらのお気に入りはデカい丼に並々と盛られている「豚汁定食」、あるいはもつ煮の汁気をとばし、炒めなおした「もつ焼き定食」。比較的新メニューであるところの「豆腐チゲ定食」なのだが、では最初に食べたものは何であったか。

「焼肉定食」

おそらくこれであろう。
豚こま肉と玉ねぎを甘辛いタレで炒め、千切りレタスと共にドサっと盛られた豪快な一品。
「見ただけでお腹いっぱいに」
と言い放ったのはわが家内であった。
こんなことを考えていると、やはりどうしても食べたくなる。致し方ない、これは行くしかないであろう。乙妻、焼肉とは切っても切れない関係なのだ。
到着したのは12:00少し前だったが、そこそこな入りである。着席するなりお冷やと注文取り。
「焼肉定食!」
のコールの後5分ほどで出てくる。スタッフの機敏さと正確性は見事なものた。これぞ人気店の所以と言えよう。

大皿の…

直結30cmほどの大皿一面に薄く敷かれた千切りレタス、そして強烈な色合いと、猛烈に美味そうな香りを放つ肉!肉!肉!
なにが美味いといって、千切りレタスとともに食すのがもっとも美味いであろう。少々火を入れすぎて、甘たるいタレが焦げくさい臭気を放っている時もあるが、男のコは気にしない。額に汗を浮かべ、唇の周りを油だらけにしながら「かきこむ」のだ。美味い!

ランチはゆっくり楚々として

というあり方は否定しない。あって然るべき、とも思う。しかしながらかきこんでこそのランチ、ガッツいてこそのランチでもあるのだ。ガツガツと食べてこそ午後の戦いに挑むことが出来るのだ。

「乙妻」と出会って19年。これまでありがとうございました。そして、これからもよろしくお願い申し上げます。

【追伸】
そういえば、乙妻の名前の由来を聞いたことがない。今さら改まって聞くのも恥ずかしい。誰かご存知の方がいればご教示されたし。


にほんブログ村

上田市「十一屋」『地元民仕様(に見える)』素晴らしいお店


【お店のデータ】
居酒屋 十一屋
所在地:長野県上田市吉田319-2 [地図はこちら]電話 :0268-23-1008
営業時間:11:30~13:30、17:00~22:00
定休日:水曜

「地元民しか行かないような、安くて美味しいお店を教えてくれない?」
「そんないい店はないし、あっても教えねーよ。バーーーカ」

長野に越してきて19年になる。
最初の1年のみ松本であったが、その後はずっと長野へ居住している。
おかげで土地勘もそこそこ出来てきた。東北信限定ではあるが。言葉もすっかり板についてきたとみえ、先だって東京の姪から
「いったいどこの国のひと?」
と訝しく顔を見つめられた。よほどおかしな言葉と感じたのであろう。信濃言葉は「ほぼ標準語」であると思っていたが、どうやら違うようである。

かようなわけで「ほぼ地元民」であると自負している。
ほぼ、とはいえ地元民であるからには観光客など絶対に寄り付かない店のひとつやふたつ知っていて当然である。長野市のあの店の「玉ねぎのロースト」は凄かった。そもそも発想が違うのだ。この店の中華もとんでもなかった「彩りのサラダ」など次元が違う。酸っぱくない「黒酢酢豚」辛くない「麻婆豆腐」「干焼蝦仁」があれほどうまいとは!!!

んっ?「あの店」「この店」と書くのはなぜか?なぜ黙っているのか?意地悪ではないか?とご憤激のみなさまにお答えしよう。

「そんないい店はないし、あっても教えねーよ。バーーーカ」

よい店は自分で探すのだ。自らの目と耳と足を使って探し出してこそ「良店」なのである。うっかり話してしまったがために混雑でもされては目も当てられない。

とはいえ
「あの店」「この店」だけで済ませるわけにはいくまい。そこでこちらを紹介することにしよう。

「居酒屋 十一屋」

なんだ。
あちらこちらで紹介されている店じゃないか。食べログにも掲載されている。
とクレームをいただきそうだが、いやここは完全に「地元民仕様」のお店なのである。

上田と松本を結ぶ国道143号線を西へひた走り、塩田を抜け築地バイパスの交差点を越え1.5kmほど行ったところにこの店はある。
店構えを観てほしい。「十一屋」という屋号こそ確認できるが、まるで廃業したたばこ屋ではないか。

おそるおそる中を伺うと、元雑貨屋という風情の店内は酒あり野菜ありその他商品が陳列……いや、放置されている。中尾彬のような強面のオヤジが一人店番をしている。
「やだな、怖いなァ」
とビクビクしながら見回すと、奥にもうひとつのドアがありそこが「居酒屋 十一屋」なのであった。

このつくりはやはり「地元民仕様」と表現するのが妥当であろう。
二つ目のドアを開くと、予想以上に明るく広い空間が現れる。
カウンターが3席ほど、四人掛けのテーブルひとつそして小上がりにテーブル3~4脚ほどの、居酒屋としてはそこそこな規模である。
大将とその奥方らしきわかい男女が切り盛りされているようだ。大将は先ほどの強面オヤジの息子さんなのであろうか。

目当ては日替わり定食である。
梅・竹・松の三種類が用意されているという。
各々500円、700円、1000円という素晴らしい金額設定である。
値段も去ることながら、内容が素晴らしい。

梅:マカロニサラダ・マグロのブツ切り・春まき
竹:さしみ(マグロ・ブリ)・ブリ大根・イワシのフライ
松:マグロ丼・マカロニサラダ・ブリ大根

典型的な「和テイスト」定食である。
日によりけりで洋食系も入ることがあるようだが、本日は魚中心である。
さぁ、どれを喰らうか、オレはなにを入れたいのだ。

様々な逡巡と試行錯誤、優柔不断の果てにいきついたのが竹700円である。
中を選択してこその大人、謙虚であり奥ゆかしさを発露してこその日本人である。あらためてメニューを確認してみよう

竹:さしみ(マグロ・ブリ)・ブリ大根・イワシのフライ

さしみはマグロ三切れブリ二切れ。新鮮でプリプリしている。
ブリ大根というメニューはそもそもアラで作るものと思っていたが、こちらは立派な「身」である。多少血合いは入っているものの、大きなブリの塊と面をしっかりとった大根の見事なコンビネーションによって別の次元に誘われているかのように思えるほどだ。
そしてイワシフライ。
25センチほどの「大羽」といわれるサイズを使用したものとみえ、大変大きなイワシフライである。ソースをたっぷりとふりかけ、大胆に噛みしめると、熱い肉汁がほとばしる。うまい。新鮮なるがゆえに、まったく臭みを感じない。ああ、至福の時である。

すべて食べつくすのに7分ほどかかったであろうか。
「おかわり」は別料金というので注文はしなかった。「大盛り」は無料とのことなので、次回は遠慮なしいただく事にしよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

小海町「どんぶりや 風とり」『普通』に美味しいカツ丼


【お店のデータ】
どんぶりや 風とり
場所:長野県南佐久郡小海町豊里2014-1 [地図はこちら]
電話:0267-92-3330
営業時間:[日~土]11:00~14:30(L.O)、17:00~21:00(L.O.20:50)、日曜営業
定休日:水曜日の夜

仕事で川上村まで遠征してきた。
のんびりのどかな地で気に入ってしまった。静かなのもよい。これで雪さえ降らなければ「住んでみたい」と思わなくもないのだが。だれかわたしに別荘を建て与えてくれる危篤な人物はいないか。

ここで昼ご飯とも考えたが店がない。
困った困った。こちらの視界に入らない、というだけで、絶無ではないのだろう。時分から外れていた、ということもあるか。

致し方ないので帰途へ。
道中何かあるだろう。だらだら下っていくと小海町の少し手前に店を発見。

「どんぶりや 風とり」

どんぶりものが主であるようだ。広めな店内には小上がりとテーブル席があったが、くつろぎすぎてしまいそうなので、テーブル席へとつく。
「風とり丼」
というのがおすすめというが、とろろがメインのようだが、現在の気分ではなかったのでパス。疲労のせいか甘いものを欲しているのだ。様々な逡巡と優柔不断の果てに注文したのは

「かつ丼セット ラーメン付き 950円」

アツアツごはんの上に、あまく煮つけられたカツがどっさり。安定した昔ながらのかつ丼、という表現が適切であろう。「うまいまずい」で言えば「普通」。しかしかつ丼のうまさとはこのようなものであると確信する。

識者によれば、ラーメンを吸い物がわりにするのはもってのほか!であるという。しかし、ラーメンとは本来スープのカテゴライズされるものであるとの説もある。だからラーメンセットでも文句を言われる筋合いはない。鶏ガラのあっさりスープとストレート麺は相性ピタリ。薄味でけっこうであった。

時間はだいぶ押してしまったが、満足な昼ご飯であった。「風とり丼」を食してみたい気もするが、彼の地まで参るのが大変すぎる。さすがにランチだけで小海まで行けない。またなにかの用事ができるとよいのだが。


にほんブログ村

御代田町「岐阜屋」嗚呼、お母さんのチキンライス!


【お店のデータ】
店名:岐阜屋
場所:長野県北佐久郡御代田町御代田2770-1 [地図]
電話:0267-32-4129
営業時間:11:00〜20:00 不定休
駐車場:あり

世のオトコどもの大半はマザーコンプレックスがデフォルトなのだという。特に味つけに関しては、母親のそれから逃れられず、配偶者とのトラブルが絶えない、などという家庭がそこかしこにあるのだそうだ。

面白いことに、わたしにはまったくその気がない。その場その時の味わいをしっかり受け止めるのをテーマとしているためか?ぶっちゃけたところ、母親と同居していた時にナニ食べさせられていたのか、まるっきり忘れてしまってもいる。

「薄情もの」
と、いつぞや母親に詰られたことがある。

「鮭は甘塩以外みとめない」
と母に言ったら、うちはおばあちゃんの代から塩鮭が好きでお前たちにも塩辛いのしか食べさせたことがない。兄二人も塩鮭が好きだ!お前はなんて薄情なんだ。
……母と別居して25年が経過した。あなたの味から離れて25年。そんなもの忘れてしまったわい。まったくアホな母親である。

そんな薄情なわたしあるが、唯一忘れられない「母の味」がある。嗚呼、それはチキンライス。

わが家の土曜半ドン昼めしはニラ玉かチキンライスと決まっていた。家業が忙しく簡単に用意出来るもの、ということだったのだが、大好きなチキンライスに文句を言うはずがない。

大量の冷やご飯に大量の鶏肉(プレスハムということもあった)を投入し、大量のケチャップでべたべたに味をつける。咽頭部がいがらっぽくなるほどの酸味を楽しむのがわが家流であった。

家食だけではなく、外食でもチキンライスは人気者だったはずだが、いつの間にか見かけなくなった。近年に至りオムライス、ナポリタンスパゲティは復活したが、チキンライスは未だお隠れになったままなのが口惜しくてタマらない。
あーー!お母さんのチキンライス喰いてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

御代田町に「岐阜屋」という食堂がある。

煤だらけのフォルム、油がじっとり染みついたインテリアは、この空間だけうっかり昭和の時代からタイムスリップして来たのではないか?と、本気で思わされるようなシブいお店である。

先だって、人を介してこちらの「揚げ焼きそば」の存在を知り頂いて来た。その時の写真をチェックしていたらメニューになんと!チキンライスがあるではないか!これは行くしかない。ちょうど佐久への用事もある。いざ、チキンライスを貪りにゆくべし。

母より少し年若であろうか、シワだらけのばーさ、いやおばさんの作ってくれたチキンライスはまさにイメージ通りの品であった。


大量に投入されたぷりっぷりの鶏肉、同じく大量の玉ねぎはどこまでも甘くシャキシャキ歯ごたえが小気味よい。何より嬉しいのは乱切りされたナルトである。いかにも「嵩増し部隊」然とした存在は、まさに「お母さんのチキンライス」を象徴したものといえよう。実母のそれにもナルトはもちろん、さつま揚げやらハンペンやらたくさん入っていたものだ。

レンゲでひとすくい。
ケチャップのべたべた感が素晴らしい。今様のあっさりなど味つけではない。ケチャップは大量だから価値があるのだ、と言わんばかりの投入量である。重いのだ、咽頭部がいがらっぽくなるほど酸味が強いのだ。うまい、うますぎる。

年末に母の元へ行く予定がある。
大した用事ではない、顔を見に行く程度のことである。先ほど電話で、当日の夕食にチキンライスを作ってくれ、と依頼したら

「面倒だからイヤだ」
とのこと。あゝ、また御代田町まで食べに行かないと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村