大町市「豚のさんぽ」遥かなり黒部のダム


【お店のデータ】
豚のさんぽ
場所 長野県大町市仁科町3168-8 [地図はこちら]
電話 0261-85-0129
駐車場 なし

池田町から大町へ

台風雨の中、池田町まで他行である。
ひと通り用事を済ませたら13:00を回っている。当然、昼どきである。池田町で美味いものを、と食べログその他、いくつか情報収集したが、今ひとつよい店が見つからない。美味しい店など必ずあるはずだが、今の場に間に合わない。調べてからくればよかった。もう少し、時間をかければ良いのかもしれないが、後工程もある。やはり全く知らぬ地で良店を探すのは至難であったという事で大町まで戻ることとした。だからといって、決してよく知っているわけではない。数年前、地域リーグ時代の長野パルセイロの試合が大町サッカー場であったので、何度か通ったことがある。という程度のつきあいだから、はっきり「知らないレベル」であろう。

「豚肉料理専門店 豚のさんぽ」

ということで大町駅前のこちらである。
今や、すっかり「超」がつくほど有名になってしまった店である。パルセイロの試合観戦以来だから、5年ぶりかそれ以上となる。
日曜日とはいえ雨中、しかも昼すぎではあるものの、数組ならんでいる。さすが有名店だ。面倒だが待つしかなかろう。前述したが、他を知らずにここへ来たのだ、仕方がない。大した時間もかからないだろう。掲示されているメニューを眺めるうちに、徐々に黒部ダムカレーを食べたくなってきた。

黒部ダムカレー

黒部ダムカレーとは大町市内にある食堂、カフェ、洋食店やレストランなどいくつかの飲食店が提供しているカレーライスで、黒部ダムをモチーフとしている。
大町は立山黒部アルペンルートの長野県側の拠点である。昭和40年代よりトロリーバス扇沢駅にある、「レストラン扇沢」で考案されたと言われている。ご飯をダム状アーチ型に盛り、ダム湖をカレールーで表している。(詳細はHP参照のこと)
黒部ダムカレーはこちら「豚のさんぽ」でも、看板メニューともいえる存在である。ただ、こちらの場合は量がすごいのだ。ご飯でいえば(小)300g、(並)400g、(大)500g、(特)に至っては600gと尋常なボリュームではない。私も一般的には大喰らいの部類に入るが、いくらなんでも無謀な試みだ。

「贅沢定食」

黒部ダムカレー単品は回避、小盛りバージョンカレーとラーメン双方を楽しめる、このセットメニューとする。…それでもけっこうな量なのが素晴らしい。

黒部ダムカレー 豚のさんぽVer

U字型に盛られた向う側に野菜類、反対側にダム湖を模し、並々注がれたカレー、破砕帯を模したほぐしチャーシューと、小なりと言えど、黒部ダムカレーの定義はきちんと守られている。辛くはない、というより少々甘めのカレーである。軽くスパイシーで、ドロドロなところは、金沢カレーのイメージに近いかもしれない。たっぷりの生野菜、ほぐしチャーシューを少しずつ混ぜながら頂くと、とても美味い。

ラーメン「岳」

ラーメンはクリーミーな豚骨スープの「げんこつラーメン」か、透明塩スープの「岳」の2種からの選択である。豚骨という気分でなかったので、後者とする。げんこつというだけあって、肉塊が迫力を放つ。大きなバラチャーシューとほうれん草、もやし、ネギが大量に載っている。麺も細、太からの選択なので太麺としたのが正解であった。

ダムカレーカード

会計時にレジ脇に「ダムカレーカード」なるポスターを発見。さすが町おこしメニューである。各店で黒部ダムカレーを食べるとカードが貰えるそうだ。全18種、コンプリートするか。


にほんブログ村

上田市「ミルキーウエイ」上田らしさと昔のファミリーレストラン


【お店のデータ】
ミルキーウエイ
場所 長野県上田市神畑乙57-1 [地図はこちら
電話 0268-25-0823
駐車場 あり

「無言館」

1日、上田を訪れることとなった。「無言館」見学がその主目的であった。
「無言館」とは

第二次世界大戦で没した画学生の慰霊を掲げて作られた美術館で、美術館「信濃デッサン館」の分館として1997年に開館した。
Wikipediaより

という。館主は窪島誠一郎という方だ。水上勉を父に持ち、著作家・美術評論家として名を立てられた方で

自らも出征経験を持つ画家の野見山暁治とともに全国を回って、戦没画学生の遺族を訪問して遺作を蒐集した。
Wikipediaより

という、まさしく「渾身の施設」である。

「無言」の意味

展示されている作品は何も語ることのない「無言」のままであるが、観る側に多くを、雄弁に語りかけてくる。そのようなことから命名されたとのことだ。彼らの作品とあわせ、経歴そしてその後の有り様を観ていくと、その傷ましさに声を発することが出来なくなる。後で知ったことだが、「無言」とはそのような意味もあるのだという。
第二展示館である「傷ついた画布のドーム」も見学すると、全身あちこちが痛い、疲れた。立ちづくめということもあるが、なにより精神的な疲労におそわれている。このような時はメシだ、ちょうど時分でもある。

「ミルキーウエイ」

上田ランチである。
同行の方によい店に案内してくれ、と要望されたのでいろいろ考えたが、ここはやはり上田らしいところにするべきであろう。昔の若者たちがたむろしていたと言われている、伝説のファミリーレストランである。

上田らしさ

とは何か。ひとえに量が多いのだ。長野あたりの1.5乃至2倍はあるのではないか。10数年前、ここを訪れたときに、ひどくびっくりしたのを覚えている。うかつに大盛りなど注文しようものなら、大変な事態に発展する。まさかどんぶり飯が、縁まで盛られてくるなど、想像するはずもない。これが若者向けの店だけ、というなら納得も行くが、「草笛」「刀屋」といった老舗そば屋でも同様だから、やはり元々なのだろう。さぁそんなことよりもメニューだ。

アイドルとビジネス

こちらの名物(と、勝手に考えているだけだが)は一人前のナポリタンと一人前のピラフが合い盛りとなった「アイドルセット」、一人前のナポリタンと一人前のカレーライスが合い盛りとなった「ビジネスセット」なのであるが、夕食に支障がでるので避けておこう。

「カキフライ定食」

という事でこれを選択した。どう考えても、この季節にカキフライはあり得ない。当然、冷凍ものなのだろうが、メニューの神々しさに惹かれてしまったのだ。それに近年の冷凍技術はバカにできない、素晴らしいものがある。揚げたてはじつに美味そうだ。

カキフライ

軽くソースをふりかけ、タルタルソースをべっとりとつけていただく。かしゅり、という小気味好い歯ごたえと、牡蠣の香りが口中に充満する。あゝおれはカキフライが大好きなのだ。と、あっという間に食べつくしてしまう。
味噌汁は熱々でよし。てんこ盛りご飯は一度までおかわり出来るそうだ。漬物は普通だが、さつまあげの煮物はお母さん味でとても美味かった。

信濃デッサン館

この日はちょうど無言館の本館である「信濃デッサン館」が開館されている日であった。数日間の特別な催しということであったが、何しろ疲労の極致であったので帰宅してしまった。どうせまたやるだろう、という読みもあったのだが、今調べてみたら

窪島の健康問題や運営法人の財政上の理由から、本館の信濃デッサン館は2018年3月15日をもって「無期限休館」となった。今後は無言館のみ存続する。

とのことだ。しまった。後悔先に立たずである。また特別開館されることを切に願う日々である。

無言館
場所 長野県上田市古安曽山王山3462 [地図はこちら
電話番号 0268-37-1650
URL http://mugonkan.jp/


にほんブログ村

長野市「ロジェ食堂」市内某所でいただいたおしゃれなお弁当


【お店のデータ】
ロジェ食堂
場所 長野県長野市岡田町166-1 1F [地図はこちら
電話 070-1541-3800
ランチ:11:00~14:00
カフェ:14:00~16:00
ディナー:17:00~20:00夜は金曜日のみ営業
定休日:土・日・祝日(不定休&臨時休業あり)
駐車場 なし

研修会

研修会である。
といって、あるメーカー主催のものだからさして緊張するものではない。いや、仕事に使うものだし、せっかく用意してくれた席なので、大いに緊張しなければならない。とはいえ、法的義務のあるようなものではないので、多少はリラックスしても罰はあたるまい。
それにしても、技術というものは日進月歩なものである。昨日の常識は今日の論外・非常識、来年の言語道断となる。そんなことが出来るのか?という事が、ごく当たり前に使われている。私のような不勉強なナマケモノは、落ちこぼれ朽ち果てていくしかないのだ。まったく残念無念である。

エンジニアリングとは

つまるところ、チャレンジの歴史なのだ。あれはよい、これはだめを突き詰める。人の生活はこのようであるべきだ。こうでなければならないのだ。これを毎日々々ひたすら考え続け、過去を振り返り積み上げ、場合によってはすべてゼロからやり直す。エンジニアリングとはそういうものだ。と言われるかもしれないが、同じ建築エンジニアリングの世界でもここまで違うとアタマが下がるばかりである。
いや、建築の意匠設計という世界にも、それなりの経験や蓄積、それに伴いスキルが必要なのは当然のことだ。どこの誰とでも同じことではある。しかし、同じことを違う角度から見る、これがもっとも大切な行為なのだ。そこには新しい「刺激」がある、別な「気付き」があるのだ。

ランチ

それやこれやで午前中いっぱいを使って説明していただいた。貴重な時間を割いていただいて、誠に感謝しかないのだが、その上に昼食まで用意してくれているという。さすがに辞退したのだが、注文したものを返すわけにいかないと、強く指摘され、断るのも失礼だ。では遠慮なくいただく事とする。

ケータリング

ケータリングとは厳密にいえば「出張料理」なのだろうが、ここでは少し狭義な意味で「お弁当」のこととする。というか、先方がそのように呼称しているようなので。
弁当なら、ほか弁もしくはコンビニのそれくらいしか想像できない身であるのが情けない。五十オヤジの哀しさよ、という訳でもないか。われわれの若いころは、「ケータリング」などというおしゃれな言葉はなかった。ないものを知っているわけもない。まぁ、先方は若い女性がたくさん在籍されている、という事情もあるだろう。

「ロジェ食堂」

こちらは岡田町に、この5月にできたばかりのカフェである。元はといえば、ケータリング専門の店だったのを、カフェとして移転、こちらにオープンしたということらしい。西之門町にある「Roger/ロジェ」という雑貨商のFacebookページにリンクされているので、こちらが経営されているのであろうか。県民文化会館のレストランもこちらで仕切られているようだ。系統だった記述がないのでよくわからない。どなたかご教示願いたい。
じつはこの「ロジェ食堂」が気になってならない。登場した「おにぎり弁当」(今、私が名称したもので、まったく正式な名前ではない)がじつに多彩で、よく考えられており、とても美味しいのだ。

おにぎり弁当

これがその内容である

・キャロットラペ
・ラタテューユ
・春雨サラダ
・胡麻豆腐
・ジャーマンポテト
・鶏もも肉のたまり漬け焼き
・枝豆とコーンのチーズオムレツ
・蓮根のはさみ揚げ
・ガーリックシュリンプ
・合鴨スモーク
・野菜と青唐辛子漬けおにぎり
・ゆかりおにぎり
・紅茶のシフォンケーキ
デザートまで含め13点。これは見事である。

「ガーリックシュリンプ」

平たく言えば海老の唐揚げである。海老の旨味とスパイスの効き具合がよろしい。ガーリックはほんのり香る程度で、抑えめである。昼からにんにくは不味いだろう。気が利いている。

「蓮根のはさみ揚げ」

二点目の揚げ物はあっさり味。蓮根のさくさく感と、ひき肉の旨味があわさって美味い。

「キャロットラペ」「胡麻豆腐」

前者はニンジンのマリネ。ほどよい酸味とニンジンの甘みに好感がもてる。見た目はまるでニンジンシリシリだが。
胡麻豆腐はしっかり胡麻風味である。けれん味のない、とはこのことか。といった味わいである。

「枝豆とコーンのチーズオムレツ」「合鴨スモーク」

そもそも、枝豆、コーン、玉子の組み合わせというだけで成功といえる。
合鴨のスモークは、もう少し煙っぽい方を好むのだが、先の海老と同様、お弁当のひと品ということを考えればこれでよいのかもしれない。

「ラタテューユ」「春雨サラダ」

ナス、ズッキーニ、パプリカ、トマトなど夏野菜を使った煮込み料理。好きなものばかりなのである。このお弁当を前にした段階から「精神的小躍り状態」が続いているのだが、これに気づいた瞬間より「精神的タップダンス状態」が始まった。それほど嬉しいのだ。気分はフレッド・アステアである。おい、ジンジャーはどこだ?
春雨サラダの味つけはあっさり酢の物。とはいえ味わいよりも、春雨のこりこりとした歯ごたえを狙っているのではないか。美味い。

「ジャーマンポテト」

ほっくりとしたジャガイモと、塩気の強いベーコンとの幸せな出会い。ところどころに感じられる、粒胡椒の存在もとてもよい。

「鶏もも肉のたまり漬け焼き」

メインディッシュ然と、ど真ん中に構える大物が出現。しっとりずっしりとした食感がなんとも言えない。鶏皮とは、どうしてこれほど美味いのか。

おにぎり登場

まずは
「野菜と青唐辛子漬けおにぎり」

である。様々な野菜の漬物、というよりマリネ状にしたものがどっさりとおにぎりに積載されている。ピリ辛、というイメージがあったが、さほどでもなく優しい味わいがじつに好ましい。

「ゆかりおにぎり」
ゆかりという調味料は、とてつもなく万能であると思う。まして、そこに海苔まで巻かれているのだから。これほど美味いおにぎりは久しぶりだ。

「紅茶のシフォンケーキ」

そしてデザート。

「シフォンケーキは原価が安いから定番化するケーキ屋が多いんだよ」
と、少々クチの悪いケーキ屋から聞いたことがある。作ったことこそないが、たしかに少ない材料で出来るようだ。だが、それだけに手を抜く、抜かないがはっきりとわかるものでもあるのだ。しっとりとした地肌が好ましい。生クリームによって湿度を保っているのだろうか。煮りんごを福神漬と間違えてしまったことは、ここだけの秘密だ。

まとめ 久しぶりの刺激

以上である。大脳への刺激と、胃袋への刺激。違った方向性からの刺激が与えられ、じつに有意義な1日であった。まことに久しぶりの事である。またお誘いいただきたい。ランチだけ、とは言わないので。


にほんブログ村

須坂市「ターバンカレー 須坂インター店」須坂で味わう金沢カレー


【お店のデータ】
ターバンカレー 須坂インター店
場所 長野県須坂市大字井上1865-1 [地図はこちら]
電話 026-246-8998
駐車場 あり

金沢カレーというジャンルがある。
文字通り金沢市を中心とする石川県のカレーライス店で供される独自の特徴を持ったカレーライスである。
 
Wikipediaによれば金沢カレーとは
・ルーは濃厚でドロッとしている。
・付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
・ステンレスの皿に盛られている。
・フォークまたは先割れスプーンで食べる。
・ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。
・ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける。
と定義されるという。必ずしも守られているわけではないようだが。

その金沢カレーが好きで、長野市内にある店(同じ系列だよね?)に通いつめている。今回は須坂インター前にある、

ターバンカレー須坂インター店

にお邪魔した。
こちらの、ドロドロまったりしたカレーに様々なトッピングを施して食べるのが好きなのだ。本日も3種類、カレーが見えなくなるほど、トッピングしていただくのだ。

ジャンボメンチカツ・ナス・目玉焼きカレー

ジャンボメンチカツ

ジャンボと冠されたものは意外と小さいのが通り相場だが、こちらのメンチカツは決してそんな事はない。しっかりと「ジャンボ」している。ジャンボであることにこそ、意義があるとさえ思えるほどだ。粗く挽かれた豚肉と、ごろんごろんと大きな玉ねぎが美味い。

ナス

ナス好きは食べずにいられない。油で揚げられた、とろとろな存在と化したナスの旨味よ。なぜ、これがお節料理に出てこないのかが、不思議でならないほど美味い。

目玉焼き

玉子はつくづく魔法の食べものと考える。何をどう作っても美味い。とくに、目玉焼きの美味さたるや。半熟トロトロが美味すぎる。これをいつ崩すか、どうやって食べるのか、大いに悩む日々である。

金沢カレーにおいて、キャベツの存在は特筆すべきほど重要であるとのことだ。なるほど、このまったりカレーに、これほど相性のよいものはないと確信する。ということで、金沢カレーまったりカレーを堪能する、美味しい1日であった。いつか、トッピング全のせをするのが夢だ。


にほんブログ村

長野市「コメダ珈琲店 長野東和田店」商談後はコメダのランチ


【お店のデータ】
コメダ珈琲店 長野東和田店
場所 長野県長野市東和田508-1 [地図はこちら
電話 026-219-3345
駐車場 あり

じつはランチもコメダ珈琲店であった。
朝昼と2度続けて同じ店、というのも間の抜けた話と思われるかもしれないが、じつは打合せが長引いたのである。こちらも先方も、つい熱が入り、ほとんど午前中を費やしてしまったのだ。

お客様を送り出しひと息いれたら腹がなった。
時間を感ぜずに過ごせたということは、それなりによいご商談であったということであろう。ここは安心してランチとしよう。この際だから、注文した事のないものを食べよう。

「野菜サラダ」

食事には、特に朝食にはビタミンが必要である。との方針で、わが家の食卓には生野菜が常に登場するのだが、今朝は摂取できていない。
ということで注文したのだが、想像以上にすごいフォルムである。
てんこ盛りの千切りキャベツにポテトサラダ、きゅうり三片、トマト。ピーマンの薄切りがちょんと乗っているのが可愛らしい。
ドレッシングは2種、用意されている。結構食べ応えを感ずるほどの量である。ポテトサラダは普通の味わいだが、箸休めというか、味変的な存在でこれもまた嬉しい。トマトも甘い。

「ハムトースト」

本当はシロノワールに心惹かれたのだが、注文した事があるものだし、やはり甘いものではランチらしさが感じられない。ここはシンプルにサンドイッチだ。それもデフォルトでなく、トーストとしよう。などと、何気なく注文したが、さすがコメダ珈琲店、けっこうなボリュームだ。

ハムの他にキュウリ、レタスがたっぷり。トーストされ暖かいパンと、厚塗りのバターが滋味深い。

キュウリのパリッとした食感と、ハムの塩気が心地よい。このところ、サンドイッチを食べる機会がなかったが、久しぶりに頂いたこれはじつにうまかった。次回はポテサラサンドにしよう。


にほんブログ村

長野市「コメダ珈琲店 長野東和田店」コメダモーニングでご商談


【お店のデータ】
コメダ珈琲店 長野東和田店
場所 長野県長野市東和田508-1 [地図はこちら]
電話 026-219-3345
駐車場 あり

発端

朝一番で打合せだという。
それも朝食をとりながらである。あまり経験のある事ではないが仕方ない。契約前となれば、時間や場所などどうでもよいのだ。行く時に行かねばならない。

「コメダ珈琲店 長野東和田店」

指定されたのがこちらであった。じつによきチョイスである。お客様のセンスを感じる。このような方とお近づきになりたかったのだ。喫茶店ひとつでずいぶん大袈裟とは思うが。
コメダ珈琲店は、相変わらず混んではいるが、オープン直後ほどではない。美味いし分煙をされているとても快適である

有名な名古屋式モーニングである。
少し前までバタートーストとゆで玉子という組み合わせだったが、現在はそこに、たまごペーストまたはおぐらあんの三種からチョイスできるようになった。選択肢がある、ということは誠によきことである。

「ブレンドコーヒー+モーニング名古屋名物おぐらあん」

「ブレンドコーヒー」

熱く濃厚である。エスプレッソか?と思わされるほどである。そもそも、このマグカップがよい、手ざわりもよい、程よい重量も心地よい。
これぞまさしく
「悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、愛のように甘い」
というコーヒーだ。

バタートーストと名古屋名物おぐらあん

トーストに小倉あん、という組み合わせはあまり見た事がなかった。考えが及ばない、という事もない筈なのだがなぜであろうか。甘いもの好きな母親が、自前で作っていたが、店舗であまり見かけることがなかった。その辺が、中京と関東圏の違いであろう。

とりあえずの終わり

バターのほどよい塩加減と、つぶあんの甘さが具合よし。率直なところ、ご商談そっちのけの朝食であった。結果がどうなったかは、無論のこと秘密である。


にほんブログ村

小諸市「ステーキレストラン菱屋海賊船」そして合格祝いの思い出


【お店のデータ】
ステーキレストラン菱屋海賊船
場所 長野県小諸市大字御影新田2746-1 [地図はこちら]
電話 0267-22-2793
URL http://kaizoku.asia/
営業時間 11:30~22:00 L.O
定休日 月曜日
駐車場 あり

『ステーキ屋』という響きに郷愁を感ずるものである。
ステーキ、いや牛肉なるものと縁の少なかった幼少時代。『高校に受かったらステーキ喰いに連れてってやる』といった友人Tの父と共に伴われて入った銀座のステーキハウスが忘れられない。名こそ失念したが、とても豪華な店だった。

『好きなだけ食べてよい』
というおじさんの言葉に甘え、盛大に食べた食べた。飯も肉もお代わりし、それでも不足と言ったら前菜の盛り合わせと丼メシが登場したのには驚いた。デザートの生ハムメロン、そして銀の盆のあやしい輝きが、大人の世界を垣間見てしまったような気がして、どことなく居心地悪くも感じた。

銀座といい店構えといい、中学生を同行してよい場所ではない。
そもそもTも私も祝ってもらえるほどの高校に合格した訳ではないのだ。とはいえ、息子とその悪友2人の門出を心底喜んでくれたおじさんの笑顔が、涙が出るほど懐かしくてたまらない。

Tによるとまだお元気だという。わが両親より5歳は下だからまだ70代だ。一度お目にかからなければ、と考えてはいるがこちらは長野、Tは静岡、おじさんは東京と離れ離れの状態ゆえになかなか実現出来ないのが口惜しくてならない。

なぜこんな事を言い出したのかというと、今回お邪魔した場所がおじさんに連れて行ってもらったお店に、どことなく似ていたからだ。木製品をあしらったマホガニーの内装と、うっすら漂う油の香り、少々古びてはいるがお金のかかった豪華な洋食屋という風情が共通している。

「ステーキレストラン菱屋海賊船」

佐久と小諸を結ぶ国道141号線沿いにあるこちらは、『海賊船』というネーミングや、古びた洋食屋ということもあり、気にはなっていた存在である。長野への帰り際に通り掛かったので、では入ってみようとお邪魔した次第である。

内部は『いかにも昔の洋食屋』である。
初めて入ったが懐かしい風がして気に入った。日曜でもランチがあるそうだ。どれも美味そうで、目移りがしてならない。

『グリルチキン ベーコン添え』

ステーキハウスでビフテキ(あえて懐かしい表記とした)食べないのは無粋としか言いようがない。と謗られても仕方ない。現在ダイエット中ゆえその辺はご勘弁頂きたい。
熱せられた鉄板の上で、ばちばちと弾ける肉塊は、塩コショウのみで焼かれているとのことだ。それだけでも十分美味しいが、好みでソースを使ってもよい。と、ウエイトレスのおばちゃんが丁寧に教えてくれる。

ナイフを立てると『ふゃッ』という、ほとんど手ごたえもないほど柔らかく切れる。箸でもよいくらいの柔らかさだ。なかなか出会えない優雅な仕上がりである。しょう油仕立てのソースとの相性も抜群である。

つけあわせはニンジンのグラッセ、茹でたインゲン、ベイクドポテトという、ステーキにはこれ、という組み合わせのもの。「ニンジンのグラッセ」などというしゃれた名を覚えたのはごく最近のことだ。妙な甘さが懐かしい。インゲンも同様だ。ポテトは少し冷め塩梅で食べづらいが、このくらいの温度でないと食べられない。

ランチタイムはソフトドリンクかスープがつくというのでコーンスープを注文。これも熱々で優しい味わいだった。

早いところおじさんに会いにいかねばならぬ。年齢からして、まだまだ長生きしてくれるとは思うが、世の中なにがあるかわからない。Tの結婚式でお目にかかったのが最後だから、もう15年になる。近々、Tに電話してみるか。


にほんブログ村

長野市「パンポルカ アベックカフェ」あるいは穏やかな休日の優雅な朝食


【お店のデータ】
パンポルカ アベックカフェ
場所 長野県長野市若里2-14-21
電話 026-223-3760
営業時間 [月〜土]7:15〜19:00
定休日 日曜日、第2・4月曜日
駐車場 あり

休日、私の場合は水曜平日の事だが、このところは長いウオーキングをして過ごしている。他の日にも歩いてはいるのだが、悪天候だったり寝坊をしたり、あるいは仕事に支障を来す時は取り止めたりとあまり真面目に出来ていない。

全くいい加減なウォーカーだが、案外このペースが気に入っている。午前の明るい日差しの中、特に目標を決めるでもなくぶらぶらと10Kmほど歩くのもオツなものである。季節もよしとなればなおのことやめられない。

ある時、ビッグハット近辺、信州大学工学部キャンパスをさまよい水野美術館の新企画を確認したりした後、一本通りを入り東通りに向かおうとした際に、街角からよい香りが漂ってきた。ああこれはパンの焼きあがる香りだ。

「パンポルカ アベックカフェ」

である。以前は信州大工学部近く(現在も近いが)で営業されていたが、数年前ここに移転。もともと繁盛していたが、広くなりイートインコーナーも出来たりとますます繁盛という評判の店だ。休日には警備員も出動する程だとか。

ころやよし。朝食としよう、帰宅しても何もないのだ。さすがパン屋さんだ、店内には数え切れないほどのパンがある。マダムに尋ねると好きなパン+200円(正確ではない)でドリンク付きで頂けるという。それはよい、じつに嬉しい措置である。

「ホットサンド」

金額は失念した。小さく細長いフランスパン(近年はバケットというらしいが)にハムとチーズを挟んだだけのシンプルサンドである。その場で暖めてくれたのでほかほかだ。

手に取ると、あらかじめ幾つかに切れ目を入れてくれている。じつに気のきいた作りだ。

固いパンは大好きだが、いつも食いちぎるのに苦労するのだ。周囲はパン粉だらけ、サンドはぺったんことなり食感も何もあったものではない。

「ホットコーヒー」

深煎りのブレンドである。香り高くまろやかな味わいだ。植草甚一は濃いめのコーヒーにたっぷりとクリームを加えたものを好んだはずだ。池波正太郎はエスプレッソだったに違いない。そんな妄想をしながらの朝食も楽しいものだ。

美味しいパンとコーヒーを堪能し、帰途につこうと傍をみたらドイツパンというのか、ライ麦を使った黒く固いパンが目に入った。こういったパンが好きなのだ。これで昼食としよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

長野市「牛若」ステーキ、その悠々たる多幸感について


【お店のデータ】
牛若
場所:長野県長野市篠ノ井会54-3 [地図はこちら]
電話:026-293-8929
営業時間:《ランチタイム》11:30~13:30(L.O)《ディナータイム》17:00~22:00(L.O.21:30)土日祝日もランチ営業
定休日:火曜日

きのう何食べた?」なる漫画をご存知だろうか。
映画化された「大奥」などを著した、よしながふみの作品である。コミックモーニング誌に月一回連載という、じつに悠々たる姿勢で描かれている。

『悠々たる』とは言ったが、内容はというと中年のゲイカップル、几帳面で内向的な弁護士と人当たりのよい開けっぴろげな美容師。まったく正反対な二人がの生活を淡々と描いただけのものである。
派手なストーリー展開はほぼない。しかし二人の仕事や、彼らを巡る人間模様、あるいはゲイに関する諸事情、カミングアウトの是非、両親や兄弟姉妹、職場との向き合い方などシビアな問題はきちんと扱われる。
そして何より重要なのが、主人公の調理シーン。毎回かなりのページを費やして語られるのは、ほとんどレシピ本同然に詳細に描写し尽くされ、かつ各回のストーリーに密接に関わっている。

二人がステーキを食べる、という回がある。
何話目のことかは失念したが、到来物の高級牛肉を苦労しながら、胃もたれしつつも『肉を喰らう多幸感』に浸り切るというお話である。

われわれの子どものころと違い、近年では冷凍技術は発達し、関税が緩和されたりもしているので、輸入状況がよくなっているから、牛肉もずいぶん安くなった。とはいえ、ステーキともなればどことなく「高級」というイメージが払拭出来ないのは貧乏育ちだからか。

昔、新宿二幸(現スタジオALTA)裏にあった小さな洋食屋の店先にあったショーケース。その中に陳列されていたロウ細工のステーキ。楕円の銀皿の上に埃むしながらゴロリと鎮座しているディスプレイモデルの脇には、「ステーキ2000円」の文字。40年前の2000円がどれほどの価値があったかは分からないが、けっこうな高額商品であったことは間違いないだろう。そんなわけだから、ステーキ食べて多幸感に浸るのは中年ゲイカップルだけではないのだ。

そんなわけで今回はステーキである。本当は巨大な鉄板を前にして、というのをいきたいがそんなものが食べられる訳がない。しかし1,000円未満でステーキを食べられると聞き、篠ノ井までいってきた。

「焼肉 牛若」

篠ノ井駅にほど近い旧18号線沿いの小さな焼肉店である。壁面に「牛若」と大書されてはいるが、開口部の少ない外観は、昔ながらの焼肉屋という風情がして好感が持てる。
店先にはランチメニューがぶっきらぼうに掲示されている。この素っ気なさがかえって期待感を高めてくれるのだ。
ランチメニューは
焼肉定食
ステーキ定食
の二種だが、注文はもちろん一択である。

「ステーキ定食」980円

ドリンク(コーヒー・コーラ・カルピス・ウーロン茶・ジンジャーエール・メロンソーダ)
オーストラリア産チルド牛肉150g(特製ソース付)
新潟産コシヒカリ・特製コーンスープ・野菜サラダ

刮目して見よ!この威風堂々たる陣容を。鉄板の上でパチパチと、小気味好い音を立てている肉塊を!生野菜サラダの楚々とした姿を!コーンスープの見るからに滑らかな素肌を!などと、勇ましく語りたくなるようなステキなフォルムである。

肉はやや硬め、ウェルダンというくらいだ。塩コショウは少なめで、ソースで食べると丁度よい作りとなっている。あるいは卓上の天然塩を少し用いるとよいだろう。
ガシガシとナイフ、フォークを繰るのは多幸感を増幅してくれるようで、楽しいのではあるが、正直いうと疲れる。誰か切ってくれないか。高校の同級生Sくんのナイフ使いは一流で、面倒くさがりの私はよく切ってもらっていたものだ。邪道中の邪道なのはよく分かっているが、楽して美味しいのが一番である。あゝSくんがこの場にいてくれればいいのに。


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

長野市「COLORFUL」若者たちの…


【お店のデータ】
COLORFUL
場所 長野県長野市南千歳1-16-14 [地図はこちら]
電話 026-219-2144
営業時間 11:00~17:00(LO PM17:00)17:00~23:00(LO PM22:30)
定休日 月曜日

若者」とは何歳くらいまで呼んでよいのだろうか?10代まで?いや20歳まで、いやいや今どきは精神年齢ひくいから30まではよいのではないか?

……このオヤジはいったいナニを言いたいのか?別に気にすることなどない。など思わなくもないのであるが、「若者」でなくなってから幾星霜、心身ともに汚れてしまった身としては、彼らが眩しくて仕方がない。寒い寒いと言いながらも▲20℃の環境下でスキースノボに昂じられる彼ら素晴らしい。今日は海水浴、明日はディズニーランド明後日は、などと2日も3日も寝ずに遊んでいられる彼らが羨ましくてならない。

戻ってみたい
と思っているわけではない。現在だってそれなりに面白いことはある。「若者」には出来ないこともある。
あゝ、オレもあんな時代があったのか?いやまぁあったのだが、何十年も前のことすっからかんに忘れてしまった。
ということなのだ。汚れたオヤジは元には戻らないが、汚れっぱなしは話にならない。少しは細胞を活性化させないと長生きできない。

そんなバカなことを半ば本気で考えながら選んだ店がこちらである。

COLORFUL

長野の「若者」といえばアゲインあるいはC-1じゃないの?と言う向きもあるかもしれないが、対象年齢が低すぎて、50オヤジは入っただけで空中浮揚したような気分となってしまう。だからCOLORFULくらいがちょうどいいのだ。

広くガランとした室内に高い天井、通りに面した側の大ガラスからは、方位のせいか柔らかな日が差しこむ。健康的でじつに若々しい空間である。シーズンともなればJ3長野パルセイロのパブリックビューイングが行われるという大きな白い壁面に圧倒されつつ頂いたのが

『カレーLUNCH+カラフルセット』
6種のカレーとご飯が食べ放題。そこにサラダバー、ドリンクバー、スープバーが装備される。

6種のカレーとは
◯スパイシーカレー 香辛料たっぷりの本格的なカレー(豚肉、玉ねぎ)
◯ビーフカレー かくし味はデミグラスソース☆(牛肉、玉ねぎ、さといも)
◯チキンカレー (たぶん、説明なし)
◯ハヤシライス トマトとデミグラスソースたっぷり!(豚肉、玉ねぎ)
◯レッドカレー 赤唐辛子のペーストをベースにココナッツミルクと沢山の具材のタイ国カレー(とり肉、キノコ、たけのこ)
◯グリーンカレー ココナッツミルクがたっぷり入ったタイ風カレー(たけのこ、とり肉、アサリ、ナス)

ご飯をうまく盛りつけ、6種すべてを一つ盛りにするのがオシャレなのだと言う。

『カラフル盛り』

とも言うのだそうだ。不器用なオヤジの盛りつけはオシャレとはほど遠くなってしまったが、
#カラフル盛り
というハッシュタグをつけてSNSに投稿すると、デザートが貰えるというので、つい頑張ってしまう。結果、バニラアイスをGET。よかったよかった。

カレーには失敗がないという。肉野菜を煮込み
、ルーを加えれば完了である。逆を返せば、個性の出しづらい料理でもあるのだ。
その点、こちらはじつにうまく個性を作り込んでいる。スパイシーカレーは苦味を加え、ビーフカレーは和風っぽい感じ。チキンカレー、ハヤシライスはコクのある濃厚な仕上がり。一番気に入ったのはタイ風カレー2種。とくにレッドカレーは辛くてとても美味かった。

葉物野菜が高い昨今、サラダバーといえばレタスたっぷり盛りつけてしまうのがビンボー性をいやますようでイヤなのだが、こればかりは仕方ない。

スープバーはコーンスープとキノコとかアサリのスープ。後者をいただいたがアサリ出汁たっぷりで濃厚で。
ドリンクバーはリンゴ、グレープフルーツ、紅茶、ウーロン茶など。

久しぶりにシャレオツな空間でシャレオツなランチを頂いた。時間帯が少しズレていたせいか、あまり若者の姿を見かけなかった。次回はもっと早く来ることにしよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

御代田町「岐阜屋」嗚呼、お母さんのチキンライス!


【お店のデータ】
店名:岐阜屋
場所:長野県北佐久郡御代田町御代田2770-1 [地図]
電話:0267-32-4129
営業時間:11:00〜20:00 不定休
駐車場:あり

世のオトコどもの大半はマザーコンプレックスがデフォルトなのだという。特に味つけに関しては、母親のそれから逃れられず、配偶者とのトラブルが絶えない、などという家庭がそこかしこにあるのだそうだ。

面白いことに、わたしにはまったくその気がない。その場その時の味わいをしっかり受け止めるのをテーマとしているためか?ぶっちゃけたところ、母親と同居していた時にナニ食べさせられていたのか、まるっきり忘れてしまってもいる。

「薄情もの」
と、いつぞや母親に詰られたことがある。

「鮭は甘塩以外みとめない」
と母に言ったら、うちはおばあちゃんの代から塩鮭が好きでお前たちにも塩辛いのしか食べさせたことがない。兄二人も塩鮭が好きだ!お前はなんて薄情なんだ。
……母と別居して25年が経過した。あなたの味から離れて25年。そんなもの忘れてしまったわい。まったくアホな母親である。

そんな薄情なわたしあるが、唯一忘れられない「母の味」がある。嗚呼、それはチキンライス。

わが家の土曜半ドン昼めしはニラ玉かチキンライスと決まっていた。家業が忙しく簡単に用意出来るもの、ということだったのだが、大好きなチキンライスに文句を言うはずがない。

大量の冷やご飯に大量の鶏肉(プレスハムということもあった)を投入し、大量のケチャップでべたべたに味をつける。咽頭部がいがらっぽくなるほどの酸味を楽しむのがわが家流であった。

家食だけではなく、外食でもチキンライスは人気者だったはずだが、いつの間にか見かけなくなった。近年に至りオムライス、ナポリタンスパゲティは復活したが、チキンライスは未だお隠れになったままなのが口惜しくてタマらない。
あーー!お母さんのチキンライス喰いてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

御代田町に「岐阜屋」という食堂がある。

煤だらけのフォルム、油がじっとり染みついたインテリアは、この空間だけうっかり昭和の時代からタイムスリップして来たのではないか?と、本気で思わされるようなシブいお店である。

先だって、人を介してこちらの「揚げ焼きそば」の存在を知り頂いて来た。その時の写真をチェックしていたらメニューになんと!チキンライスがあるではないか!これは行くしかない。ちょうど佐久への用事もある。いざ、チキンライスを貪りにゆくべし。

母より少し年若であろうか、シワだらけのばーさ、いやおばさんの作ってくれたチキンライスはまさにイメージ通りの品であった。


大量に投入されたぷりっぷりの鶏肉、同じく大量の玉ねぎはどこまでも甘くシャキシャキ歯ごたえが小気味よい。何より嬉しいのは乱切りされたナルトである。いかにも「嵩増し部隊」然とした存在は、まさに「お母さんのチキンライス」を象徴したものといえよう。実母のそれにもナルトはもちろん、さつま揚げやらハンペンやらたくさん入っていたものだ。

レンゲでひとすくい。
ケチャップのべたべた感が素晴らしい。今様のあっさりなど味つけではない。ケチャップは大量だから価値があるのだ、と言わんばかりの投入量である。重いのだ、咽頭部がいがらっぽくなるほど酸味が強いのだ。うまい、うますぎる。

年末に母の元へ行く予定がある。
大した用事ではない、顔を見に行く程度のことである。先ほど電話で、当日の夕食にチキンライスを作ってくれ、と依頼したら

「面倒だからイヤだ」
とのこと。あゝ、また御代田町まで食べに行かないと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村