あらら?冒険記 【晩秋のアート編】③


渋谷へ

さて、いよいよ本番である。これが今回のメインイベント。このために10ヶ月前から準備していたのだ。場所は渋谷、東急文化村オーチャードホール。ずいぶん昔からある施設だが、今回が初である。
そもそも、渋谷があまり縁のある場所ではなかった。私が生まれ育った新宿区牛込は盛り場=新宿なのである。それに渋谷にでる交通機関が乏しく、簡単に出ることができないという事情もあった。必然的にごく近隣にいながら、渋谷体験がほとんどない。だから、渋谷は感覚的にアウェイの地なのである。

変貌と大混雑

私が長野に引っ込んでからの20年というもの、東京は大変な変貌を遂げた。特にアウェイの地 渋谷は特に凄まじい変わりように思える。
宮益坂口(父親は死ぬまで「都電の操車場」と呼んでいたが)側は整備され尽くし、ヒカリエの完成など、もうよく分からない。
その関係からか、ただでさえ混雑していた駅前が一層凄まじくなったような気がする。混雑というより「カオス」とでも言うべきか。ラーメン屋で隣り合ったおじさんは
「金曜の朝3:00〜4:00に来てごらん、これくらいの人は平気でいるよ」
ワールドカップやハロウィンの混乱は日常のこと、特に驚くべき話題ではない。と語っていた。なるほど。
腰痛は変わらないが、本番までは今しばらく時間がある。せっかくだからこれを観ていこう。という事でJR渋谷駅と京王井の頭線渋谷駅を結ぶコンコースへ。

岡本太郎「明日の神話」

岡本がメキシコに建設されるホテルのために描いた超大作。長い間行方知れずとなっていたが、紆余曲折の末ここに設置された作品である。原子爆弾が爆発する瞬間を描いており、岡本の頂点とも言われている。このパワーがすごすぎる。
さぁ頃やよし。いざ本番である。

KING CRIMSON

イギリスのロックバンドで、1968年結成。リーダー(と呼ばれることは否定するが)Robert Frippを中心に、何十回にものぼるメンバーチェンジと、幾多にわたる音楽性の変転にも関わらず、クオリティの高い楽曲を50年もの間提供し続けているという、奇跡のような存在である。今回は

Robert Fripp(Guitar)
Jakko Jakszyk(Guitar, Vocals)
Mel Collins(Saxes, Flute)
Tony Levin(Basses, Stick, Backing Vocals)
Pat Mastelotto(Acoustic And Electronic Percussion)
Gavin Harrison(Acoustic And Electronic Percussion)
Jeremy Stacey(Acoustic And Electronic Percussion, Keyboards)
Bill Rieflin(Mellotron, Keyboards, Fairy Dusting)

という8人編成。トリプルドラム!
前々回のダブルトリオも凄かった(音源だけで観てはいないが)が、今回はいったいどうなってしまうのだろうか。ボーカルはJakko Jakszykだから、第1期の曲げ網羅される。ましてベースはTony Levin、ウインドプレイヤーでMel Collinsまでいるのだ。昨年、このメンバーによるLIVE盤が発売されたが、音だけではよく分からない。とくにトリプルドラムが。これは行くしかない、いや行かねばならぬ。Robert Frippだって70を超えたのだ。次があるかどうかも分からない。やはり、行って確認するしかなかろう。抽選、17000円のチケットを手に入れ旅費を貯め、と10ヶ月の血の出るような努力のもと東京に出てきたのだ。これが大したものでなければ、Robert Frippの親父を呪い殺してやる。

オーチャードホール

18:30開場、全席指定であるのにオーチャードホール前はプログレおたくどもの熱気でむんむんとしているが、その割に静かなのが薄気味悪い。そもそもなんで並んでいるのかと思っていたら、開場次第にまずはグッズショップへと直行するのだ。さすが商売人Robert Frippである。ここでしか買えないグッズが山ほど用意されている。市販されていない音源、Tシャツなどなど。ちょっとだけ覗いたのだが、70,000円も使っているものがいた。いやはや。私など2500円のパンフレットですら大熟考の末買ったというのに。というか、お前らそんなにRobert Frippの罠に嵌りたいのか?

LIVEスタート

そんな訳だから、観客の年齢層はおしなべて高い。私より少し上くらいの人が多いようだ。そして開演。Pat Mastelotto、Mel Collinsという順で登場する。セットリストは以下の通り

第1部
01. Hell Hounds of Krim
02. Neurotica
03. Suitable Grounds for the Blues
04. Discipline
05. Indiscipline
06. Cirkus
07. Lizard
08. Islands
09. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) (partial)
10. Radical Action III
11. Meltdown
12. Radical Action II
13. Level Five

第2部
14. Devil Dogs of Tessellation Row
15. Fallen Angel
16. Red
17. Moonchild
18. Bass, guitar and piano cadenzas
19. The Court of the Crimson King
20. Easy Money
21. Larks’ Tongues in Aspic, Part Two
—encore—
22. Starless

第1部は第2期を除く全期間を満遍なく、といった感じだ。叫んだり立ち上がったりする者がいないのかとてもよい。そもそも音が抑えられているので、じつに聴き心地がよい。高齢者向きのロック・コンサートというわけである。

曲が始まる際に小さな声で「うお」と反応するのが面白い。まぁ私も同様なのだが、会場全体が同じことをすると結構な大きさで聞こえる。01〜03とウォーミングアップのような展開からの04、05はすごい。おおおお!「Discipline」と「Indiscipline」が続けざまなんて。そして07はみな一瞬反応が遅れる。え?「Lizard」?まさか「Prince Rupert Awakes」が生で聴けるなんて。もちろんJon AndersonでもGordon Haskellでもないが、Jakko Jakszykが頑張ってくれたからよい。長生きはするものだ。そして12、13というノリのよい曲で第1部終了。

第2部

20分の休憩を挟み第2部のスタート。14はLIVE盤「Radical Action to Unseat the Hold of Monkey Mind」の収録曲で、たぶんインプロヴィゼーション。そして15から怒涛のヒットソングを、ほぼ完コピ(とは言わないか)。Mel Collinsというマルチプレイヤーがいるから、原曲に限りなく近い演奏となる。あゝ幸せだ。「Fallen Angel」「Red」ときて「Moonchild」となったら隣の大将が泣いていた。何を大げさな、と思っていたら「The Court of the Crimson King」のリフレインで不覚にも私も泣いてしまった。そして「Easy Money」「Larks’ Tongues in Aspic, Part Two」という黄金パターンを経て第2部終了。アンコールは「Starless」これで盛り上がらいわけがないではないか。

プレイヤーたち

予想通りトリプルドラムは「体感してナンボ」のものであった。Pat Mastelotto、Gavin Harrison、Jeremy Staceyのドラム合戦はど迫力であった。各々がソロを回していく様はロックの楽しさ、面白さの体現であった。Jeremy Staceyはドラムだけでなくキーボード(というよりピアノ)の名手で、「Lizard」の名演はかれあってもものだ。Mel Collinsも上手くて素晴らしくて。Tony Levinはもっとも観たかったプレイヤーで「うねるベース」を体感出来たのがとても嬉しかった。Jakko Jakszykは少し窮屈そうな感じ。ボーカルが少ないのはともかく、もう少しギターソロを取らせてやろーよお舅さまRobert Fripp翁。
なんでそんな事を言うかといえば、もっとも目立っていたのがリーダーRobert Frippであったからだ。ソロといいリズムといい、あのガギガギした音で弾きまくる弾けまくる!これが目当てだからまったく文句はないのだが、どうせなら「Fracture」を聴きたかった。いや、まだまだあるぞ。「Night Watch」の冒頭部が再現できるのか?「Cadence and Cascade」の繊細かつ不安定な音もよい。「Larks’ Tongues in Aspic, Part One」も聴きたい、いやオレはそもそも「21st Century Schizoid Man」が聴きたかったのではないか?
「聴きにくればいいじゃないか」
Robert Fripp翁の声が聞こえる
「セットリストは毎晩違うのだよ。チケットも余っているよ」
とほくそ笑んでいるかのようだ。13ヶ所ツアー?17000円?どーって事はない。嫁娘を叩きうれば済む事だ。ほんの少し、借金する事のどこが悪いのだ。

…などと、まじめに考え始めてしまう自分が怖い。ここはほどほど、分をわきまえよう。

という事でLIVE終了。ほやほやした気分になりながら、実家を目指す。


にほんブログ村

【音楽days】パブロ・カザルス 「鳥の歌」


パブロ・カザルス(1876-1973)はスペイン出身のチェロプレイヤー、指揮者、作曲家である。
チェロの近代奏法を確立し、20世紀最大のチェロプレイヤーとされるというが、詳細は分からない。

20歳代早々から認められ、音楽学校で教鞭を取ったり、海外への演奏旅行にも出るほどの活躍をみせた。29歳でアルフレッド・コルトー(pf)、ジャック・ティボー(vn)と結成した「カザルス三重奏団」は20世紀前半を代表すると言われるほど、伝説的なグループとなる。

1939年 スペイン内戦の勃発によりフランスへ亡命、終生フランコ独裁政権への抗議、そして反ファシズムの立場を表明。以降、音楽活動を停止、隠棲生活にはいる。

1945年 一時的に音楽活動を再開したが、各国政府が、スペイン・フランコ政権を容認したことに抗議し、再度活動を停止する。

1950年 プラド音楽祭の音楽監督に就任、活動を再開し音楽家として再生する。

1961年 来日

1971年 国連本部にて演奏会、国連平和賞を授与される。

1973年 死去

カザルスは音楽活動と同じほど、いやそれ以上に平和活動を行い、政治的な発言をやめなかった。1950年代後半からはアルベルト・シュヴァイツァーとともに核実験禁止運動への参加は、とくに有名なことである。

「鳥の歌」
とは、彼のもっとも重要なレパートリーである。出身地スペイン・カタルーニャ地方の民謡元にしており、故郷への思慕と、平和の願いが結びつけた名曲である。1945年ころから好んで演奏するようになった、といわれている。

1971年 国際平和賞を授与された際に、本部でこの曲が演奏された。演奏の前にカザルスは次のようなスピーチを行った。

The Song of the Birds. Birds sing when they are in the sky, they sing: “Peace, Peace, Peace”

鳥たちは空にいるときに歌います、彼らが歌うのは:“Peace, Peace, Peace”(平和、平和、平和)

Kevin Ayers


Ollie Halsallという人がいた。

Ollie Halsall, Hyde Park, 29th June 1974

Patto、Jon Hiseman’s Tempest、Boxer、The Rutlesなどで活躍したギタリストである。
ソリッドでテクニカル、典型的なロックギターを聴かせてくれる人だった。ギターマガジン(若いころ弾けもしないのによく読んでいた)での小さな特集で出会って以来、たまぁに聴き込んでは悦に入っている。
…なにゆえ〈たまぁに〉であるかというと、ギタリスト業界では、トンデモなく有名で一目も二目もおかれているが、一般的な認知度がとてつもなく低い、いわゆるmusician’s musicianだった。しかも、うっとうしいことに、自分のリーダーバンドがなく、極めて捕捉しづらい、極めてマイナーな存在だったから、情報を集めるにも大変な苦労だった。まだ、インターネットなどという存在がある時代ではなかった。前述のバンドも、バブル時代のアルバム発掘ブームがあったから出会えたようなものだ。嗚呼バブル万歳!
1992年没。ヘロイン中毒によるオーヴァードーズが原因だったというから、最後までロック野郎だった。

Kevin Ayersという人物をご存知の方も少ないと思う。

Kevin Ayers, Hyde Park free concert, 29th June 1974

いきなり話が変わったが、じつはコチラが本題である。
Soft Machineの初期メンバーで、カンタベリーシーンに重大な影響を与えた人。などと言っても理解できる人はほとんどいない筈だから気にしなくてよい。そもそも書いている本人がわかっていない。
この人との出会いも、前述のOllie Halsallのルートからである。
この2人、74年から92年にOllieが亡くなるまでのおよそ20年間、リーダーとバックバンドのバンマスという関係で、ある方から
『Ollie聴きたきゃKevinだよ』と教えられ、探しまくってようやく手に入れたのが

〈Yes We Have No Mañanas (So Get Your Mañanas Today)〉 日本語タイトル『今日はマニヤーナで』

というアルバムだった。
スペインのイビサ島で録音されたというこの作品は、徹頭徹尾、脳天気でノホホンとした、隅から隅まで生暖かい空気に包まれている。
細野晴臣を三段階ばかり低くしたようなKevinのバリトンボイスに、Ollieの小気味よいギターが絡み合って、気持ちいい小気味いい。二曲目の〈Mr Cool〉のコーラスなんて『バナ〜ナ♪ バナ〜ナ♪』と、どう聴いても酔っ払ってるか、クスリきめてるよね。という感じが微笑ましい。あまり聴き込んでいるとバカになりそうだ。まぁ、これ以上低くなることはないので、気にせず聴いているが。

そのKevin Ayersが亡くなって5年が経過した。
『燃えなければ、輝けない』というメモを残して逝った68年の生涯だった。

CDアルバムなんて、ずいぶん聴いたが、たった一枚でここまで印象に残っているモノは他にない。才能だったのか、とてつもなくアホなだけだったのか。
今でも〈Mr Cool〉がアタマの中に鳴り響く
バナ〜ナ♪ バナ〜ナ♪ バナ〜ナ♪ バナ〜ナ♪ バナ〜ナ♪ バナ〜ナ♪ バナ〜ナ♪ バナ〜ナ♪ バナナナぁン♪