長野市「台湾料理鮮味館 SBC通り店」美味すぎる豚の角煮定食


台湾料理鮮味館 SBC通り店
場所 長野県長野市吉田1-17-22 [地図はこちら]
電話 026-213-0505
ジャンル 中華料理
バリアフリー △ 入口に段差あり
駐車場 あり

どうにも

体調が優れない。
というマクラを続けてはならないのがマナーではあるが、ここから始めないと先へ進めないのだ。とはいえ、一点を除いて健康極まりない状態なのだ。道理であれだけ食えるわけだ、とかなんとかご笑読いただきたい。

といっても

なにをもってすれば気が晴れるか。という事でしかない。
「思考は現実化する」
とナポレオン・ヒルも言っているではないか。強く信じ、強く考えたものは必ず実現化するのだ。だから今は強く美味いものを連想し、より強くそのことを考え、元どおりに、いやより強固なわれを取り戻すのだ!…なんかオレ変だなァやっぱり。

「鮮味館 SBC通り店」



コロナ騒動(現在も最中ではあるが)の際に閉まっている事が多いように感じられたのだが、あれはたまたま休みだったか、臨時休業であったか。いずれにせよいつもの通りオープンされていて安心した。ここはなかなか定着しないところで、私が知る限りでも5店舗は変わっている。鮮味館になってから10年以上になるか。開店以来のファンだから簡単になくなられては困るのだ。



「豚の角煮定食」1180円



豚肋骨まわりは赤身と脂肪が三層に分かれているため『三枚肉』という。その三枚肉を贅沢にどっかりと用いて調理されたじつに豪勢な一品だ。褐色のとろとろからは八角のクセのある香りがふんわりと食欲をそそる。チンゲン菜の淡い緑とのコントラストがうつくしくてたまらない。













これだけでも充分なサイズなのにニラだらけの台湾ラーメン、揚げたての鶏の唐揚げが標準装備されるとは、とんでもなく豪華豪勢な定食といえる。





美味い

美味すぎる。
こんなに食べて美味くてたまらない、という事は体調も回復傾向であるのか。まぁ歳も歳だからゆったりゆっくりと戻していこう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です