長野市「やきにく屋さん HABUKIYA」はぶいてHABUいて最強コンビ


HABUKIYA
場所 長野県長野市川中島町御厨2414-1 [地図はこちら]
電話 026-214-6928
駐車場 あり

「省く」

とは省略する。必要なものを取り除く、やめる。そんなような意味である。余計なものを購入するのをやめて、あるいは捨てて財政やスペースにゆとりを作る。緊縮財政の基本ではあるが、あまりやり過ぎるとマクロ的によい結果にはつながらない、とされている。わが家計も大変な状況なのだが、ランチ廻りはやめられないのでどうしたらよいものか。とりあえず、人間関係はうまくいっているので逆に省かれないよう努力せねばならぬ。

HABUKIYA

いったい何のこっちゃ?という感じであろうが、今回は「HABUKIYA」なのである。こちらは「省き屋」からつけたネーミングなのだそうだ。材料、流通、問屋、人件費に至るまで余計なものを省いて美味しいものを作る、美味い肉を提供するというコンセプトで設立されたのだという。たしかに安いし美味い。いつも混雑しているので、昼を少し過ぎた、空いている時間帯にお邪魔することとしている。

こちらの大将は通常の焼き方では
「高温すぎる、だから煙もでる」
と主張する。よい肉はそんなにカッカと焼かなくともよいのだ、とする。「光グリル」という特殊な機材を用いて焼く肉は美味い。…美味いのだが、昼からビールも飲まずにチマチマ焼くのは性に合わない。まことにワガママな事で恐縮だが、そんな者のために「焼かないメニュー」も用意されているのが、この店のプリティなところと言えよう。

「コンビ定食 200」1290円

ステーキとハンバーグ 最近コンビ!と冠される、夢のようなメニューである。タイトル後の150・200なる数字はステーキの重量であるという。ではハンバーグはどれほどあるの?と訊ねると330gあるとの事だ。おいおい、大丈夫か?おれ?

登場した丸皿は「御家庭用」という名称がぴったりな色柄である。そういえば実家にこんな皿があったなぁ、そんな印象をうける昭和柄でもある。
皿上は肉・肉そのまた肉というミートパラダイスだ。半分にはフライドガーリックののったステーキ、半分には巨大なハンバーグで覆われている。双方とも、塩コショウ・醤油といった程度のシンプルな味付けである。

「お好みで七味をどうぞ」
と、八幡屋礒五郎を差し出されたが、これで十分うまい。ステーキには脂身がしっかり、ハンバーグは肉汁たっぷり。黒のみの、極めて愛想のないビジュアルではあるが、その実これほど豊穣なる世界はほかにない。省いた末に行き着いた先がここであれば、緊縮も悪くはないと考える。

ということで満足しきって食べ終わる。次回こそゆっくりとビール片手に食べ放題といきたいものだ。

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です