長野市「海沼旅館」新しき出会い


店名 海沼旅館(ドライブイン)
場所 長野県長野市篠ノ井小松原3287
電話 026-292-1441
ジャンル 旅館、ドライブイン
バリアフリー ◯
駐車場 あり

このところ

ランチ場所の選定基準が変わりつつある。少し前は「今日はなにを食べたいか」が最大の悩みどころであった。もちろん現在でも変わりはないのだが、ここにもう一つ別な要素が加わったのだ、すなわち
「なにを食べたらブログのネタになるか」
いったい何を考えておるのか。よい歳をしてアホかお前は、もう少し真面目に人生を送れ。と幾人もの方からお叱りを受けてはいるがやめられないとまらない。

とはいえ

そんな事をやっているといろいろとよいところもある。これまで敬遠していた店、たとえば絶対的に女性しか入らないようなカフェやケーキ屋さんに入る勇気を持つことが出来たり、なんとなく胡散くさい、…とまでは言わずとも様子が分からないためになんとなく尻込みしていたようなところに平気で入って行くことが出来たりと、物おじしがちな性格が矯正されつつある。それがよいのかどうかは分からないが、よそ様にご迷惑をかけないよう続けていく所存である。

国道18号線の

小松原トンネル西交差点という場所は、松本方面から長野市街地へ抜ける元からある路線と、長野南バイパスへ抜けるいわゆるオリンピック道路、そして川中島駅方面や犀川沿いへと抜ける路線が交差する、少し複雑な地点、したがってここを通り抜ける際は必ず停止することとなる。ここに、長野にきてから20分年間ずーっと気になるものがあったのだが、なんとなく入るづらく止まりづらい存在であった。

「海沼旅館」



『旅館』と冠されているがそもそも営業しているのか。古びた外観と埃だらけでカッティングシートが剥げて読み取る事のできないガラス窓。場所的に連れ込みではなかろうと思ってはいたが、いったいどうなっているのかと疑問を持っていた。

ある時内部で照明が点灯されていたのを目撃して、ああここはまだ営業中なのかと確信し、知人からここのジンギスカンは美味いときいたのが半年ほど前のこと。これは行ってみなければならぬと思い思いしてようやくお邪魔できたのが本日のことだ。

海沼旅館、ジンギスカン、お食事、珈琲、温泉、旅館、レストラン、入口と盛大にレタリングされた外壁を愛でつつ入り口を通ると、内部は意外と明るく広い。



そして川沿いの開口部に目を向けると小田切ダムがバーン!と広がる。これはなかなか素晴らしい。今きみと観ている世界、絶景かな。



川沿い、街道沿いのボックス席、テーブル席、小上がりまで含めればかなりな席数となる。これはダム建設華やかりし頃、多くの作業員たちに利用された施設と推察される。もちろん、現在でも旅館として稼働しているようで、朝食も供されているようだ。こういうものを見せられると食べに来たくなるではないか。

「肉増しジン定食」1050円



この名だけでは何がなにやらではあるが、要するにジンギスカン定食の肉増量バージョンという事だ。自らコンロで焼くか、あるいは厨房で焼いてもらうか選択出来るというので後者とする。プロに調理してもらった方が美味いに決まっている。



注文から10分ほどして運ばれてきた木目が施された樹脂製の盆に載せられたメニューは、レストランというよりも旅館、あるいはドライブインのもの、という方がしっくりくる昭和テイストのものであった。



恐らく自家製であろう煮豆は甘さを抑制した絶品といえるものだ。白菜の漬物の塩加減やよし。モロヘイヤとオクラのおひたしは夏の終わりにふさわしい。







そしてメインのジンギスカン

200グラムほどであろうか。醤油、りんご、ニンニク、ゴマで調味された正統派だ。しっかり味つけではあるがさっぱり優しい。備えつけのタレを使うと一層と濃厚な味わいとなるが、私はない方を好む。傍らのレタスと共にいただくとひとつアセンションする。これはすごい。それにしても、これほど白飯との相性のよいおかずはない。





わしわしと

食べ尽くしてしまう前にまた素晴らしいものを見つけてしまう。隣の卓上におかれた樹脂製の壺。これはいったい何かと覗いてみたら梅漬けのようだ。大きなカリカリ梅で甘くないタイプだ。酸っぱくてご飯にあう。おおおおおお!紫蘇の葉も美味いぞ!ご飯が足りない足りない足りないいいいい!と、おかしくなりそうだったがここは自制するとしよう。







という事で

また新たな出会いがあった。明日はまたどのような存在が待ち受けているだろうか。お楽しみはこれからだ。






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です