長野市「角上魚類 長野店」久しぶりのTAKE OUT-LUNCH


角上魚類 長野店
場所 長野県長野市東和田932-3 [地図はこちら]
電話 026-213-0511
ジャンル 魚屋、肉屋
バリアフリー ◯
注文方法 店舗にて
駐車場 あり

一時

大人しくなっていたかにみえたCOPID-19だったが、ここにきて再拡大期に突入したかにみえる。感染者が増えた増えたと騒いだところで、PCR検査数が増えたから、分母が大きくなれば比例するのだから安心せよ。とか、医療現場は逼迫している、いやいない。などと様々な議論が飛び交い、なにをどう信じていけばよいのかと迷いっぱなしの日々を送っている。

データ

というのは、数字の羅列、所詮単なる記号に過ぎず読み方、見え方によって姿かたちの変わるものだ。率直なところ、マスコミのあり方には疑問を抱かざるを得ない。脅かしているのか、注意喚起しているのか。スタンスを明確にしない発言は迷惑でしかない。

どのみち

このままで終わるとは誰もが思っていなかったのだ。第二波が来たと思って確かな行動をする、という事が肝心ではないか。人の話に耳を傾け、誰もが理解できるように説明をして、みながみな感染しないよう、感染させないよう努力をする、誰が悪いのではない。感染してしまったらよそごとではなく、みなで治すのだ。そういう事ではないのか。どうも根本のところでズレてしまっているように感じられてならない。

「角上魚類 長野店」

4月、5月のお弁当月間以来懇意にさせていただいている店だ。久しぶりに当時(というほど前でもないが)を思い出してやってきた。演習というわけではないが、7月あたまに改装工事を行い、感染対策および精肉店まで併設した店舗に生まれ変わり使い勝手も商品も充実したからじつによい。そして、なにが嬉しいといって惣菜・弁当コーナーが充実したことだ。これは嬉しい。天丼、フライ丼、うな丼などが並ぶ中、焼き魚弁当が2種用意されている。

これの数がもっとも多いところを見ると、メイン商品である事がわかる。ひとつは焼き鮭、もうひとつがこちらである。

「銀だら西京焼き弁当」735円

焼き魚にご飯、漬け物、副菜類は海老のチリソース、ひじき煮、ベビーホタテのかき揚げの3点だ。

海老チリは川海老っぽいしひじき煮はほどよい甘さでよい。そして、かき揚げはメインをはれるほどスケールだ。なにより嬉しいのは主役である銀だら西京焼き。

市販の弁当でこれほど大きくて美味い焼き魚と出会ったことがない。脂たっぷりの上甘さ控えめ。品のよさが溢れ出てくるのがみえるようだ。

きな臭くなってきたから

というわけではないが、このままであればまた再宣言などということもありえない話ではない。安倍首相は頑なに否定されているが、地方自治体のあり方とここまでギャップが出来てしまうと、どのように転ぶが知れたものではない。先のことは誰にもわからないが、準備、心構えはしておこうではないか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です