上田市「太郎茶屋 鎌倉 上田店」甘味処の甘い誘惑


面倒な方々

実の息子が言うと支障もあるし、お叱りをいただく場合もあるのだが、わが両親はいろいろ問題のある人物であるといえる。いや別に犯罪者だったり、反社会的勢力に属していたりするわけではなく、いたって普通な人びとである。具体的に列挙していくと長くなるので割愛するが、一般的に「めんどくさい」ジャンルに入るとだけ言っておこう。
しかしながら彼らとて人の子、美徳のひとつやふたつは持ち合わせている。中でももっとも美しく感じられ、私自身影響を受けているのが「差別をしない」「物事に公平」であることだ。とくに食べ物の差別・区別に関しては極端に毛嫌いしていた。両名ともに欠格家庭に育った関係上、その手の事でさんざんと嫌な目にあってきたためだという。まことに天晴れ、褒めてつかわす。などと言うと叱責されるだけだが、これは子々孫々受け継いでいくべき事である。そんなわけだから、様々なところに連れて行ってもらえたと思う。子どもだから悪所にいったり、さほど高級なところへ赴くわけもないから大した場所でもなかったろうが。

母について

とはいえ、これは母親の方だが一箇所だけ同行する事に、よい顔をしない場所があった。それはなぜか「甘味処」だったのだ。連れて行ってもらったことが皆無なわけではないのだが、2回あったかなかったか、というくらいだ。いつぞや上野の街角で見つけた甘味処で
「お母さん、お汁粉食べに行こうよ」
といったら極端に嫌な顔をされたことをはっきりと記憶している。別に汁粉くらいどうということはない筈だが。
今にして思えば、彼女には、かの場所は酒場と同じだったのだ。甘いもの好きで酒を飲まない("飲めない"のではない、家庭のために飲まなかったのだ)ものにとっては、唯ひとつたった1人になれる場所、飾らなくともよい場所だったのであろう。そんなところにうっかりと子ども連れていくわけがない。そんなこんなで、甘味処なる場所に行けるようになったのは、二十歳をすぎてからであろうか。

「太郎茶屋 鎌倉 上田店」

ということで今回は甘味処である。こちらは姫路発祥の「甘味と和の空間」をテーマとしたカフェで、全国展開されているという。以前は長野市川中島にあったのだが、一年ほど前に上田に移転された。

「なっちょ⁈限定 鎌倉甘味三昧セット」500円

一時的な限定のセットではあるが、じつに豪華なコンビネーションである。

◯鎌倉わらびもち

本わらび粉を使用し、毎朝丁寧に練り上げたものだという。ほんのりとした甘さと、固体と液体の中間領域、といった歯ごたえ口ざわりがなんともいえない。

◯麩まんじゅう

まんじゅうの一種だが皮が違う。通常は小麦粉で作るものだが、これは生麩を用いて作り上げたもの。しっとりとした食感と、独特なモチモチ感が素晴らしい。

◯本日のアイス「苺のアイス」

苺の酸味、つぶつぶ感が小気味良く美味い。ただ、気温のせいか冷たくて固く、少々食べづらかった。

◯本日のプリン「ほうじ茶プリン」

ほうじ茶の香ばしさがなんともいえない。小豆も気が利いていてよい。

という4種類を熱いコーヒーとともに、ゆっくり楽しませてもらった。味わいも良い、落ち着いた和の空間もよい。以前よりは狭くなったが、これくらいのボリュームの方がよかったのではないか。

以上久しぶりの甘味処であった。
いずれ母が来た時に連れてきてやろうかと考えた。

 

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です