千曲市「ラッキー食堂まとや 千曲店」厚切りの…


店名 ラッキー食堂まとや 千曲店
場所 長野県千曲市打沢27-8
電話 026-273-5266
ジャンル ラーメン、定食屋
バリアフリー ◯
駐車場 あり

「孤独のグルメ」

第8シーズンが盛り上がってきた。といっていつも通り、中年男 井之頭五郎が一人で淡々と食事を楽しみ、心理美容を綴っていくというスタイルは変わらないのだが。原作ファン、久住昌之、谷口ジローファンとしてはまことに喜ばしい。テレビドラマ化されて足かけ7年になるのか。通常はこれだけ長く続くと、どことなく弛緩してくるものだが、いまだもってしてキリッとしているのは、原作のもつ、力強くシンプルで不変なあり方によるものが大きいと思う。

そもそも

久住昌之が変わらない。デビュー作「夜行」や「かっこいいスキヤキ」から一切ブレがないのが凄い。前者は夜行列車に乗るトレンチコート姿の男が幕内弁当への想いを熱く語りながら食す。後者はトレンチコート姿の男が仲間うちの宴会で一人自己流スキヤキを楽しむ、という話である。みよ!このブレのなさを。素晴らしいではないか。

ひとつ不満がなくもないのだ

これはドラマの方だが、井之頭五郎が終わりかけに残ったおかずをご飯にのせてダダぁっとかきこむ時があるのだが、あれはいかがなものか。せっかく定食としてセパレートされているものを、ぐちゃぐちゃにするのは気持ち悪い。茶碗が汚れてしまうではないか。どうもあればかりは乗れなくて嫌だ。

といって

玉子かけご飯や丼ものはよいのだから、わがことながら理解できない。ということで丼ものの王者、カツ丼の話題である。トンカツは、とくにカツ丼のカツは厚ければ厚いほどよいのだ。カツは3ミリまで、6ミリまでという事を語る者がいる。意見・思想に文句はつけないが、何をカッコつけとるんぢゃ。

「ラッキー食堂まとや 千曲店」

分厚いカツを使ったカツ丼があると聞いてやってきた。しまんりょ小路の本店も含め、ずいぶんしばらくぶりにお邪魔する。以前はインチキ(インドチキン)ラーメンが気に入って通い詰めたのだが。

「厚切りカツ丼」1078円

 

分厚なカツ以外は、他所とまったく変わらない。厚い厚い、とにかく分厚いカツは1.5㎝ほどであろうか。厚さという点では伊那「まつくぼ」の方が上かもしれないが、柔軟性、歯ごたえという点ではこちらの方に軍配があがる。紅生姜の色合いよし、甘い甘い味つけやよし。とても楽しい一品であった。

ご飯の

食べ方がどうのといったが、別によそ様に対してあーしろこーしろとは絶対に言わないのでご安心あれ。自分の好きなように食べるのが一番美味いのだ。
こういった辻褄のあわない潔癖性は、母親の影響だと思うのだが、指摘された記憶がない。不思議には思うが確認もしないし治す気もない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です