長野市「燻製SAKABA峰家」どこまでも深く濃い味わい


【お店のデータ】
燻製SAKABA峰家
場所 長野県長野市北石堂町1390 2F [地図はこちら]
電話 026-228-7433
営業時間 [火~土] 17:00~23:00
定休日 月曜日・日曜日

「燻せばなんでもウマくなるんだよ」
と言ったのは友人のTであった。何も知らない、知っているはずもない背伸びしたい盛りの15歳。
当然こちらも15歳、生意気盛りで理屈こねたい15歳である。

「そんなことあるわけねーだろ?お前食ったことあるのかよ?バーーーカ!」

まったく、無知ほど大きな罪はない。
数年前、別の友人が作った燻製の数々、ゆで玉子、チーズなど簡単なものであったがその品々の美味なること。濃いのだ、深いのだ。日常的な飲酒はない方だが、つくづく

「あーーー!ジン飲みてー!」
と、思ったものだ。
燻製といって、スモークチーズくらいしか食したことのない小僧が言ってよい言葉ではなかった。Tよすまぬ。お前の住む方角に精神的な平身低頭をするオヤジひとり。

長々書いてしまったが、先だって先輩から連れて行って頂いたこちらの料理と出会い、上記の強く思い出したのである。

「燻製SAKABA峰家」

もともと料理好きであったマスターは、「好きが高じて」会社を早期退職。こちらを開店したという。
平成29年11月25日開店
この日はマスターご本人だけでなく、われら長野市民にとっても記念すべき日であると確信する。大袈裟に書いているようだが、それほど美味なのだ、深いのだ。

お通しとして出された大根おろしとしじみ汁。しょう油をサッとかけ、柚子胡椒をのせただけの大根おろしがなぜうまいのだ?しじみ汁?なぜこれだけしかないのだ?ドンブリで出しておくれ!という声は心中だけに留めておこう。今、大切なのは自己主張ではない、連れてきてくれた先輩の面子なのだ。




「スモーク3種盛り合わせ」

しっとりしたチーズ、ねっとりレバーは香り高くそしてワサビをのせたハムは凄まじくうまい。

「スモークソーセージ3種盛り合わせ」

お初の場所は様々な品目を、というコンセプトの注文なのだがこれが奏功した。ぶつッ!ぱりッ!じゅわ〜ッ!である。これほど旨味の深いソーセージは初めてかもしれない。

「豚ローススモークハムステーキ」

極厚!と冠された上におそらくサービスしてくれたのであろう、これほど厚いハムは見たことがない。熱い鉄板の上にパチパチと音を立てながら存するハムは、その形態と反してじつに繊細な味わいである。とろけるのだ。舌上で転がさずとも消え失せてしまう、そんな心持ちのする一品であった。ハムステーキ、といえば大藪春彦「蘇る金狼」であるがあんなにがさつな食い物ではない。別な次元であることは言うまでもない。

「スモークハムと玉ねぎのオムレツ」

オムレツといえば、薄く薄くカットしたプレスハムを思い出すが、こちらはそんなけちなものではない。ゴロンゴロンと投入されたスモークハムが、シャキシャキの玉ねぎとともに、とろんとろんの玉子に包まれるのである。ゴロンゴロンシャキシャキのとろんとろんなのだ。たっぷりケチャップも気に入った。

他にもいろいろと頂いたが、今回はこれくらいにしておこう。次にお邪魔するときは、酒ではなく勇気を持ってご飯を頂こう。ソーセージ、ハムステーキ、オムレツ。どれを取ってもご飯に合わないわけがない。勇気を持って大盛りを注文することにしよう。



【あす楽】 新富士バーナー(SOTO) いぶし処 スモークスターターキット ST-124SK お手軽香房 チップ(4種) ミニウッド(1種) フック 温度計 セット 燻製器 燻製機 スモーカー キャンプ用品 【送料無料】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です