須坂市「お食事処どりこ」4連休初日の昼ごはん


お食事処どりこ
場所 長野県須坂市小河原3143 [地図はこちら]
電話 026-248-6202
ジャンル 定食屋
バリアフリー △ 入口に段差あり
駐車場 あり

4連休

近年は休ませよう休ませようと、カレンダーをずいぶんいじくり回してくれたおかげで、国民の休日の有り様が変わってしまった。休みを多くしてもらうのはよいが、賃金が追いつかないから困ったものだ。

それにしても

なにゆえ4連休?なにゆえこのタイミング?と不思議でならないから調べてみたら何ということはない。本来なら7月23日がオリンピックの開会式だったのだ。

そこを長い休みにして国民みなで寿ぎ熱く戦うアスリートたちを応援しよう!という算段であったが、予定はあくまで未定であり夏の夜の夢は1年先送りとなったことは言わずもがなの事だ。

また来年

とうまくいくかどうかは定かではない。イギリスでワクチン開発が順調だとか、WHOが来春くらいからワクチンが完成するとか、日本政府がどこぞの薬品メーカーと話をつけて数万人規模のPCR検査とワクチンで来年のオリンピックに備えるだとか。そもそもワクチンなんて開発できるんかい?いやいやいやそんな運用が可能なのか?いくつもの???マークがアタマに浮かぶが私が担当するわけでもないので黙って見ていることしか出来ないが。

という事で

オリンピック4DAYSからただの4連休と格下げされはしたものの、お休みである事は誠に喜ばしい。日ごろ一所懸命業務に邁進されている方々には、たっぷり養生していただきたい。…という私は仕事なのだが。日常的にあまり働いていないから休めない、という事ではなく単に休日業務であるだけのことだ。

休日業務

の身でもっとも困るのが、どこで昼食を頂くかなのだ。いつもの定食屋は休みだしファミレスは嫌だし、いったいオレはどこでメシ喰ったらいーんだよぉぉぉぉぉぉッ!!!と、街を泣きながら彷徨する。

連休初日

だがコロナもある、GO TOも曖昧それに雨も降っているから観光地でも大した事なかろう、もしかしたら空いているかも。そんな判断で小布施に向かった私がバカだった。ピーク時のように満員御礼という状態ではなかったが、あちらのカップルこちらに家族連れとほどのよい人出だ。これは素晴らしい。

素晴らしいのはよいが

目当ての店は数人待ち状態。少し並べばよいかな?というレベルではあったが雨の中待つのも気伏せりなので取りやめ。他をいくつか当たったが似たような状況なので須坂まで戻ることにした。そのまま駅まで行き「かねき」でオムライスとも思ったが、通り沿いのあの店を思い出しお邪魔することにした。

「お食事処 どりこ」

街道沿いに古くからある定食屋だ。こちらの特徴はすべての定食が950円均一であることだ。会計の煩わしさのない心地よいお店だ。最初に入ったときは750円だったか。価格高騰アリ消費増税アリで値上げは仕方のない事だ。ここも5年ぶりくらいか。メニューに人気定食ランキング!なんてものが掲出されており楽しい。

「メンチカツ定食」950円

どさりと

無造作に盛られた千切りキャベツとキュウリにはごまドレッシング。そして小ぶりのメンチカツ3点と謎の揚げ物2本。小鉢はきゃらぶきと冷奴、漬物に玉子の入った味噌汁、ご飯というゴールデンな構成。

 

メンチカツは

肉汁たっぷり。ひと齧りすると中から熱いのが飛び出してくるから気をつけて食べないと。

謎の揚げ物

はハンペンを餃子の皮で包み揚げたもの。腸詰みたいに皮がプッツリとしていて美味い。

1年延期

したため来年も4連休。というようにはなっていないそうだ。オリンピックその他、様々なことが依然として不透明なまま。とはいえ、街を行く人びとは屈託なく喜んで頂けているようで、これも喜ばしい。このまま何もなければよい、コロナなど吹っ飛ばせ!と切に念じる次第である。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です