【読書days #1】樺沢紫苑「学びを結果に変えるアウトプット大全 」


はじめに

本は読むもの、映画は観るもの、音楽は聴くもの、そして知識はため込むものである。というのは間違いではない。でも、果たしてそれだけで事足りているのであろうか。
「あの本の、ここがよかった」
「あの俳優の演技は絶品だった」
「あのプレイヤーの演奏は、どうだった」
と、知人や友人と話し込む事がある。これはこれで楽しいひと時であるし、必要な事でもある。しかし、それだけでは如何ともしがたいものがある。

今までのこと

「読む」、「観る」、「聴く」あるいは「食べる」でもよいのだが、これまでわれわれが、いや私が執心してきたのは「インプット」すなわちため込むだけであった。取り込んで得た情報を、
「ああ良かったな」
という感想とともに、心の奥底へしまい込むだけのことであった。それだけならまだよいが、しまいこんだものが、いつの間にか、どこかへ行ってしまった、なんてこともよくある事だ。
「あの映画、すごい感動したけどすぐに忘れちゃった」
「あの本は、分かりやすいんだけど、全然あたまに入らないんだよね」
そんな事はザラにある。

「インプット」と「アウトプット」の関係~脳の仕組み

この「学びを結果に変えるアウトプット大全 」によれば、それは人間の脳の仕組みが、もともとそのように出来ているからですよ。
と、精神科医である著者は言う。人間の脳は、取り込んだ情報は、適正に出さなければ、本当の意味で「身になる事がない」のだ。「インプット」したら、適切に「アウトプット」する。この関係が構築されてこそ、なのだ、という。

解決方法

逆を言えば、それが出来ていれば、システマティックに進めることが出来れば、怖いものなどない。
「自分の意見をうまく伝えたい」
「交渉や営業が得意になりたい」
「いいアイデアが浮かぶようになりたい」
「仕事や勉強の成果をもっと出したい」
などの、市井の人々が誰でも持っている悩みなど、簡単に解決できるのである、という。

そして自己成長

自己成長とも、著者は言う。脳の仕組みがそのように出来ているのならば、人としての機能、能力をあるがままに受け入れるのも、大切なことである。しかし、それだけでは生きていく上で、面白みがなさすぎはしないか。

豊かな人生を

知識はしっかりと取り込み(インプット)、適切に表現(アウトプット)する。これでこそ、豊かな人生を送れるというものなのだ。
という章立てに基づき、いつも通り分かりやすく、丁寧な表現で紡がれる
「学びを結果に変えるアウトプット大全 」
ぜひお勧めしたい一冊である。

 


学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です