長野市「ポルカドットカフェ」本日の日替り定食


ポルカドットカフェ
場所 長野県長野市鶴賀権堂町2390-1 [地図はこちら]
電話 026-225-9197

ヒマなとき

基本、ヒマな時には本を読む。というのが習慣であったが、老眼が進行するにつれ紙を見つめるのが辛くなり、どうしてもテレビやネットに頼ることとなる。またしても老眼が進行する、という悪循環の繰り返しとなる。ヒマなら野山を巡り、緑や遠くを眺め視力の回復に努めればよいではないか。との暖かい意見もいただくのだが、残念ながら聴く耳をもつわけがない。
YouTubeに飽き、ネットサーフィンも飽きたらウィキペディアを眺めることが多い。フリー・オンライン百科事典というだけあって様々な事柄が記載されておりじつに楽しめるのだ。「海軍乙事件」などというシブい項目があったりもする。
“誰でも編集できる”百科事典だから、間違いやミスがあったりするが、そこは気をつけながら読み込んでいくのがコツだ。情報はなんでも受け入れればよいというわけではない。

定食の定義

先だって、「定食」という項目で面白い記載を見つけた。日本クラウンタクシー友の会というサイト(現在は閉鎖されている)の定食定義研究会ページにおける”定食の定義 5条件”が記載されている。

1.白飯、味噌汁、おかず2品以上 (主食、汁、主菜、副菜)
2.定食は5種類以上のバリエーションがあること
3.内容のわからない定食名は禁止
4.「お定食」「○○定」は禁止
5.1000円を超えてはならない

わはは
どういう経緯で、どのような過程を経て作られたものかはわからないが、どこまでもまじめにふざける、という事が徹底されていて楽しくてならない。3. 4.などは納得どころか大いに首肯できる事だ。5. はちょいちょい破られているが。

「ポルカドットカフェ」

鶴賀権堂町の古家をリノベーションしたカフェである。お邪魔するのは2度目だが、”らしい”佇まいが気に入っている。そして、先の定義に接して真っ先に思いついたのがこちらの日替り定食だったのだ。

「本日の日替り定食」980円

 

店内に入るなり、日替りのメインメニューを選択せよと小さな黒板を提示される。
・塩鶏ゆずこしょう焼
・イカの南ばんづけ
・ほっけの中華あんかけ
この3品が用意されているという。こういうのは困るのだ、優柔不断だから。
「イカの南ばんづけ」とするまでどれほどの時間わ要したであろうか。しかし、その時間は無駄ではなかった事はすぐさま証明される。
そもそも、こちらの日替りはごはん、味噌汁、のほかメインを含め5種のおかずが登場する。

今回は
・イカの南ばんづけ

・梅肉豆腐

・ズッキーニのエスニック炒め

・ポテサラ

・こんにゃく土手煮

という構成だ。
メインはイカだけでなく豆アジ、にんじん、玉ねぎがどっさりと入りさっぱりと仕上げられている。梅肉豆腐は梅の味わいで、酸味といっても違った展開をみせる。ズッキーニの軽い辛味はよし、ポテサラはマヨネーズっぽくないのもよし。こんにゃくの懐かしさがたまらない。

わけのわからない名前でもない、1000円未満というのもよし。まさにまったく定義通り、いやそれをはるかに超えるといって支障はないだろう。ウィキペディアも悪いものではない。

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です