須坂市「きくの」きくののランチバイキング


店名 きくの
場所 長野県須坂市須坂1453-11 ぱるぱるストリート [地図はこちら]
電話 不明
ジャンル 食堂、居酒屋
バリアフリー △ 入口に段差あり
ドナルド・トランプ大統領が
新型コロナに感染したとのニュースが報じられた。彼だけでなくメラニア夫人やホワイトハウスの閣僚、スタッフの方々も次々と感染されているのだとか。仲の悪いWHOがここぞとばかりに
「あれはクラスターだ」
との声明を出したりと、大変な騒ぎ、いや面白いこととなっている。トランプ氏とはあまり仲良くなれると思える人物ではないが、だからといって感染は誰にとってもよい事ではない。一刻も早いご快癒を願うものである。

Mr.トランプは
コロナをナメているのだと主張する方もいる。マスクもせず、大規模な集会を開き大言壮語して回る、そんな事を続けていれば感染してもおかしくない。新しい生活様式を守らないからいけないんだよ!などと主張するのさ構わないが、あれは日本だけものではないのか。

密閉、密集、密接を避けなるべく人混みには行かず静々と過ごしましょう。「新しい生活様式」とは大雑把に言えばこうなるのであろう。もちろんコロナに感染するのもさせるのも嫌だからなんとなく守ってはいるつもりだが、あまり気にしすぎると人間関係が希薄になりすぎる、そんな気がしてならない。

その
「新しい生活様式」だが一点気に入らないことがある。
『大皿料理を避けましょう』
という項目だ。大皿で取り分ける形式は簡単でよいのだが飛沫汚染にさらされやすいからなるべく避けましょう。というのはよく分かる。分かっちゃいるのだが私は食べ放題・バイキングが好きなのだ。これは大いに不満である。不満なのである。
「きくの」




須坂のレジェンド店だ。こちらは混雑していて土曜日以外はなかなかお邪魔する事ができない。しばらくぶりに覗いたら駐車スペースも空いているよしよし。そして本日のメニューはランチバイキング形式だ。おおおおお!

肉白菜炒め
ぶたすき煮
ウインナー玉子炒め ×
チンジャオロース
ニラ玉
ウインナーエッグ ×
ホイコーロー
あんかけ焼そば
ナポリタン
ソース焼そば
中華うま煮
マーボー豆腐 ×
オムレツベーコン
ミートソース
カキ揚天プラ
とんかつ
カラ揚
油淋鶏







やったーーーーーッ!

私はこういうシステムが大好きだ。ここから2品選択して400円だなんて。出来立て以外はふわりとラップされている。大将気がきくねぇ。さぁ選ぼう!選んでみよう!しかし、私のような優柔不断人間にここから2品選べなんて乱暴すぎるのだ。それほど豊かなメニュー群なのだ。したがってまたおじさんにお願いして特別措置としてもらった。
「ランチ定食 3品えらんで」500円
これは
仕方がないだろう。幸せを得るためにはこれしかないのだ。といっても、選択は1点しか増えていないから、あまり変化がないといえる。いっその事全部!といってしまえばよかったか。困りに困り、悩みに悩んだ末に決断したのが以下だ。

『中華うま煮』





中華丼あるいはあんかけ焼きそばの『あん』にあたる。白菜、しめじ、にんじん、ニラ、豚肉その他を優しく炒め合わせ片栗粉入れてトロリとさせて。これはもちろんご飯にかけて簡易中華丼にするしかなかろう。

『ホイコーロー』





豚肉とキャベツの味噌炒め、これは問答無用で美味い。パリパリとした歯ごたえの甘い甘いキャベツが秀逸。ああ、これもご飯にかけて食べたい。

『ナポリタン』





これがもっとも悩んだ品だ。あんかけ焼そばで中華揃い踏みで行くか、それともケチャップ・目玉焼きというお好みコンビで攻めるか。滅多に働かせない大脳をフル回転させ、オーバーヒート寸前でケチャップに軍配。細麺に絡み切ったケチャップと目玉焼きが美味すぎる美味すぎる!
さすが
きくのだ。『新しい生活様式』を軽々と飛び越えてしまった。さぁ楽しくなってきたぞ。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です