長野市「煮干しらーめん専門店 麺屋 晴」雪の日もラーメン晴々


煮干しらーめん専門店 麺屋 晴
場所 長野県長野市鶴賀七瀬中町142-6
電話 不明

世の中、パーマ屋とラーメン屋の起業ほど楽なものはないらしい。「らしい」というのは聞いた話、確認したわけではないので、あくまでもウワサ話の域をでないのだが、双方とも巷に溢れているところを見ると満更ウソでもないと思わなくもない。とはいえ、継続していくことはさほどに甘いわけもなく、それなりの技量あるいは惹きつけるものを持たずにはいられない、ということも必然である。

私は床屋派なので、パーマ屋さん事情には疎いのだが、ラーメン屋の新規開店にはけっこう反応する方だ。「新規開店」と聞けば、何をおいても駆けつける、というほどの情熱はなくなったが。こちらは2017年4月オープンというから、私の中では新しい方の店だ。お邪魔するのは今回でが初訪問である。

以前から妙に気になっていたのだ。東通り沿いで、駐車場が少ないというアクセスの悪い地という割りにはいつも混雑しているのだ。これは行ってみねばならぬ。と思いながら2年も経過していた。もっと早く行っておけばよかった。

この日は店の近在で用事があり、その後駐車させてもらい徒歩で向かうこととする。数分程度で到着。日曜昼過ぎというタイミングであったが、雪なので空いているだろうと思っていたが甘かった。行列、というほどでもないが、5〜6人並んでいる。正直なところ、行列は大嫌いなので常であればスルーするのだが、戻るのも嫌なので並ぶこととする。

10分ほどであろうか。
ちょうど何組かが終わったのでわりと早く入店できた。通りに面して大きな窓のある、白を基調とした明るく清潔感のあるインテリアである。注文品はデフォルトメニューとし、

「味玉らーめん ★★★」900円
「トッピング チャーシュー」100円

人気No.1と冠されていたものを選択したわけだ。★の数でスープに投入する「煮干し」の量が決まるそうだ。たしかに煮干しの香りがすごい。今回は最も低いレベルのものだが、それでも「ブワ」という表現が妥当なくらいのボリュームである。ジャンルでいえば「和風節系」となるであろうか。日本人のDNAに刻み込まれた香り、とでも言えよう。とはいえここまで高濃度だと、嫌う人もいるかもしれないが、逆にこちらの個性を際立たせている証明であろう。だからここまで混雑するのだな。
味玉はスープに比してあっさり仕上げ、ご太いメンマと海苔がとてもよろしい。刻み玉ねぎも気に入った。トッピングチャーシューも分厚くてじつに美味い。

「にぼ肉マヨ丼 ハーフ」350円

こちらは普通といえば普通なのだが、チャーシューが美味い。マヨネーズがしっかりまったりしている。ごはんも熱々でよろしい。

以上である。
次回は空いた時間帯に、…というと夜になってしまうのだろうが、もう少しゆったりとメニュー選択してみたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村