長野市「ダイナマイト関西」アニキとのひと時


ダイナマイト関西
場所 長野県長野市鶴賀権堂町2283-3 権堂鈴丹ビル 1F [地図はこちら]
ジャンル 080-3120-8893
バリアフリー ◯
ジャンル カフェ、居酒屋、弁当
駐車場 なし

長野と松本は仲が悪いらしい

いわゆる『南北問題』は長野県にきて初めて知った事だ。松本に来たばかりのころうっかり「カミさんは長野なんです」などと言おうものならキッとした顔で「長野?」とすごまれる。などという体験を幾度もしたものだ。もっともそこにいる何人かが悪かっただけで他はごく普通の魅力的な方々ばかりであったが。I藤聖Kお前の事だからな。

面白いことに

長野のものが松本の悪口を言っている場面を見たことがない。ふざけた陰口ならいくらもあるが。もっともこれもメンバーがよかっただけでひどい中傷をするものなどいくらもいるだろうが。

調べてみると

2000年前の遺構からも南北問題はあったとされているし、江戸時代の信州は谷筋に十数の藩に分けられ、その間に天領が配されるといった複雑な状態であったとか。そりゃ仲も悪くなるはなぁ。長野も松本もよいところなのだがなぁ。

松本からアニキが来た。

ど変態ヲタクの大先輩だ。レベルからすれば私の方がほんの少し上だが、膨大な知識と含蓄のある言葉にいつも魅了されてしまう、アニキと呼ぶにふさわしい方である。そのアニキが、長野に数あるレジェンドに行きたい。というので同行させていただいたのがこちらだ。

「ダイナマイト関西」

権堂アーケードに新たな文化を作り上げたとまで言われた伝説の店。お弁当は何度か買わせてもらったが、実際にお邪魔するのは5年ぶりくらいか。店舗は幾度か変わりメニューを整備されたが、マスター小鉄っちゃんの人柄も過剰なタイガース・パルセイロ愛も変わらない。

「とちおの油揚げ(納豆・キムチ)」400円

関西フードの店で新潟食を選択する、これが都会的なあり方といえる。でかい油揚げを半分に割り、納豆・キムチを挟んでトーストする。これはうんまい。関西人は納豆嫌いではないのか?というのは偏見というが、実際はどのようなものだろうか。

「明石焼」500円

これぞ関西フードの雄、東京生まれのものはなんとなくたこ焼きの原型と思い込んでいるが、実際には違うらしい。『にらせんべいとチヂミは似ているが違うもの』と関西生まれの友人が説明してくれたがいいえて妙というものだ。

ふわふわトロトロのを出汁につけて食べる。じつに雅なあり方だが、たしかにたこ焼きというより玉子焼きに近いかもしれない。

「サバ缶ダイナマイト風」300円

サバ水煮缶とも長野に来てからのおつきあいだ。肉好き魚嫌い缶詰嫌いの母親に育てられている関係で、永久に関与することはないと確信していたが、タケノコとの相性や調理法を知ってからはその魅力から離れられなくなってしまった。醤油少しにネギ、マヨネーズかけてひと缶まるごと焼き上げただけのものがなぜ美味いのか。涙が出てきそうだ。

「魚肉ソーセージステーキ」300円

これまたシンプルこの上ない。切って焼いて熱々を食べる。これほど美味くて幸せなものはなかろう。ああ、ケチャップ最高!

「だし巻玉子」400円

失礼を承知で書くのだが、マスター小鉄っちゃんはああ見えて料理が上手い。このほどよいだし巻玉子の美味いこと。ほどよくふわふわ、ほどよく熱々、ほどよい汁気が絶妙である。

松本のアニキ

はやはり面白い。大いに食べ、飲み楽しいひと時はすぎていく。深いなぁ。

業務連絡ひとつ

アニキ、あの発言は後藤健生の文章を引用かつアレンジしたもので単なるシャレでございます。決して暴言などではありませんので悪しからず。松本最高!山雅ばんざい!