上田市「太郎茶屋 鎌倉 上田店」甘味処の甘い誘惑


面倒な方々

実の息子が言うと支障もあるし、お叱りをいただく場合もあるのだが、わが両親はいろいろ問題のある人物であるといえる。いや別に犯罪者だったり、反社会的勢力に属していたりするわけではなく、いたって普通な人びとである。具体的に列挙していくと長くなるので割愛するが、一般的に「めんどくさい」ジャンルに入るとだけ言っておこう。
しかしながら彼らとて人の子、美徳のひとつやふたつは持ち合わせている。中でももっとも美しく感じられ、私自身影響を受けているのが「差別をしない」「物事に公平」であることだ。とくに食べ物の差別・区別に関しては極端に毛嫌いしていた。両名ともに欠格家庭に育った関係上、その手の事でさんざんと嫌な目にあってきたためだという。まことに天晴れ、褒めてつかわす。などと言うと叱責されるだけだが、これは子々孫々受け継いでいくべき事である。そんなわけだから、様々なところに連れて行ってもらえたと思う。子どもだから悪所にいったり、さほど高級なところへ赴くわけもないから大した場所でもなかったろうが。

母について

とはいえ、これは母親の方だが一箇所だけ同行する事に、よい顔をしない場所があった。それはなぜか「甘味処」だったのだ。連れて行ってもらったことが皆無なわけではないのだが、2回あったかなかったか、というくらいだ。いつぞや上野の街角で見つけた甘味処で
「お母さん、お汁粉食べに行こうよ」
といったら極端に嫌な顔をされたことをはっきりと記憶している。別に汁粉くらいどうということはない筈だが。
今にして思えば、彼女には、かの場所は酒場と同じだったのだ。甘いもの好きで酒を飲まない("飲めない"のではない、家庭のために飲まなかったのだ)ものにとっては、唯ひとつたった1人になれる場所、飾らなくともよい場所だったのであろう。そんなところにうっかりと子ども連れていくわけがない。そんなこんなで、甘味処なる場所に行けるようになったのは、二十歳をすぎてからであろうか。

「太郎茶屋 鎌倉 上田店」

ということで今回は甘味処である。こちらは姫路発祥の「甘味と和の空間」をテーマとしたカフェで、全国展開されているという。以前は長野市川中島にあったのだが、一年ほど前に上田に移転された。

「なっちょ⁈限定 鎌倉甘味三昧セット」500円

一時的な限定のセットではあるが、じつに豪華なコンビネーションである。

◯鎌倉わらびもち

本わらび粉を使用し、毎朝丁寧に練り上げたものだという。ほんのりとした甘さと、固体と液体の中間領域、といった歯ごたえ口ざわりがなんともいえない。

◯麩まんじゅう

まんじゅうの一種だが皮が違う。通常は小麦粉で作るものだが、これは生麩を用いて作り上げたもの。しっとりとした食感と、独特なモチモチ感が素晴らしい。

◯本日のアイス「苺のアイス」

苺の酸味、つぶつぶ感が小気味良く美味い。ただ、気温のせいか冷たくて固く、少々食べづらかった。

◯本日のプリン「ほうじ茶プリン」

ほうじ茶の香ばしさがなんともいえない。小豆も気が利いていてよい。

という4種類を熱いコーヒーとともに、ゆっくり楽しませてもらった。味わいも良い、落ち着いた和の空間もよい。以前よりは狭くなったが、これくらいのボリュームの方がよかったのではないか。

以上久しぶりの甘味処であった。
いずれ母が来た時に連れてきてやろうかと考えた。

 

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村

長野市「和菓子処 喜世栄」小さくも優雅な「和」


【お店のデータ】
和菓子処 喜世栄
場所 長野市横沢町 653
電話 026-232-7396
駐車場 あり

前回の「500 円でなっちょ‼︎」はずいぶんと使わせてもらった。
特にスイーツ系の店に収穫が多かったと思う。これがまた新鮮なのだ。食べすぎは禁物だが、とてもよい。なっちょ最後の訪問は、創業 85 年の老舗和菓子店を選択した。

和菓子処 喜世栄

善光寺 門前町の横丁を少し入ったところにある、小さな店である。おやきや半生菓子など昔ながらの和菓子を扱っている。お邪魔したときも、品のよいマダムが買い物に来ていた。野点に用いるのだという。

「喜世栄自慢のお菓子詰め合わせ」

こちらのいわば、「基本セット」とでも言うべきものだ。最初から用意されたものではなく、ひとつひとつケースから取り出して箱に詰めてくれるのが心地よい。

セットは 4 種類の和菓子で構成されている。
「水無月」
「石衣」
そしてまんじゅう 2 種という組み合わせである。どれも小さなものだが、しっかりと「和」を醸成している。そうだ、久しぶりに抹茶を点てよう。

グレーは酒饅頭。薄皮に包まれたこし餡の品のよい甘さが抜群である。ベージュの方の名を失念したが、つぶあんと抹茶あん 2 種のあんが使われており、小さいのに味わい・歯ごたえともに楽しめる一品だった。

「石衣」

こし餡を白砂糖でくるんだ半生菓子。宿坊の茶うけに使われていると聞いた。
さくりとした砂糖の生地と、ふわりとしたこし餡、双方の甘さと食感が楽しめる品のよいお菓子であった。

「水無月」

白いういろうの上面に甘く煮た小豆をのせ、三角形に切り分けたもので、京都では 6 月 30 日に、1 年の残り半分の無病息災を祈念してこれを食べる風習があるという。
小豆のつぶつぶ感と、ういろうのもっちり感が絶妙である。よく冷やして頂く、典型的な「夏菓子」といえる存在で、とても美味しかった。
初夏のひと時、濃く仕立てた抹茶とともに、冷たく品のよい和菓子もけっこうなことである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

和菓子② 水無月


もうひとつの「水無月」はというと

水無月(みなづき)は、和菓子の一つ。白いういろうの上面に甘く煮た小豆をのせ、三角形に切り分けたもので、京都では夏越の祓が行われる6月30日に、1年の残り半分の無病息災を祈念してこれを食べる風習がある。

出典元:Wikipedia

「水無月」とは水の無い乾燥した季節ということではない。「無」は「の」すなわち接続詞であるから「水の月」となる。農業、とくに水田に必要な雨の多い梅雨の時期を表すと言われている。

田植えの完了と、1年の半分が過ぎた祝いに食すもの、ということらしい。これもまた、風情が感じられてよいものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

和菓子① 石衣


機会があり、ある方から和菓子の詰め合わせを頂いた。まんじゅう二点に石衣、水無月などが入った、小さな箱である。

石衣、水無月と今まで普通に呼んでいたが、なぜこんな名がついているのか。少々気になったので調べてみた。

まずは「石衣」から

石衣(いしごろも)は日本の代表的な半生菓子の一種。小豆のこし餡に水飴を加えて練り、丸めて団子状に固め、白砂糖のすり蜜を掛けて白い衣で包んだ和菓子である。京都や大阪など関西地方では松露(しょうろ)と呼ばれる。餡の品質、餡玉の形の整い方、すり蜜の掛かり方など、原材料や手のかけ方次第で上菓子風にもなれば駄菓子風にもなる。丁寧に仕上げられたものは、すり蜜の白い衣を通して薄っすらと見える餡玉の小豆色が上品な美しさを醸し出す

出典元:Wikipedia

文中にある「松露」とはキノコの一種で、かたちが似ているところから、この名がついたという。
さくりとした白砂糖とふわりのこし餡の、品のよいお菓子とキノコの取り合わせとは、どうにも面白くてならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村