あらら?冒険記 【晩秋のアート編】①


TOKYOへ

2日間続けて東京に行ってきた。
B型人間は突如思いつき行動に、というのが常なのだが今回は半年も前からの計画。われながらとても変な気がするのだが。まぁ計画といっても用向きは一件のみで、あとはギリギリになってから予定したのでいつもとあまり変わりはないか。詳細は後述するとして、潔く出発である。

AM5:30 未明の出発

なんでまたこんな時間に?とは皆から言われたが、東京で出来るだけ長く過ごしたいのだ。それと、すっかり様変わりしてしまった東京で何が起こるか分からない、なんぞという不安もある。おまえは東京生まれで31まで彼の地で過ごしたのであろ?とのツッコミを頂きそうだが、20年も経過すれば、土地勘などまるで消え失せてしまっている。まして今回はもともと得手ではない街 渋谷なのである。ここ数年でもっとも変わり果てた街SHIBUYAなのである。やはり行動時間は多い方がよい。と、田舎者丸出しでお登りさんと相成る。

旅のテーマ

という事で冒険は始まったわけだが、今回は仕事でもない。実家関係の用向きではない。純粋に自分の趣味・好みでの行動なのである。家族も伴わず、じつにフリーでよい塩梅の旅は嬉しくてたまらない。そうなのだ、自由なのだ。これを多としてたっぷり楽しもうではないか。そのためには効率のよい行動が必要であろう。行動計画にはまずテーマ。これをしっかり決めていこう。様々な試行錯誤と優柔不断、そして果てしのない逡巡の末決定したのが
「晩秋のアート」
である。本来の用向きがアート関係という事もある。調べてみたらさすが東京、興味深い展覧会がある。では秋深いTOKYOのアート巡りとしよう。

上野恩賜公園

アートといえば上野公園、というのはシンプルすぎていかがなものか。と思わなくもないのだが、世界遺産 国立西洋美術館もある、国立博物館もある、東京都美術館だってある。だから「上野=アート」と言い切っても文句はあるまい。それに観たい展覧会がふたつもあるのだ。だからこれでよいのだ。

東京都美術館

こちらに伺うのは30年ぶりくらいだろうか。建築学生の時代、前川國男の代表作に触れてみよう。という事だったのだが、物の見事に忘れ果てていた。こんな内向的な計画だったのか。
場所は公園のもっとも北側の一画なのだが、大噴水広場と動物園に挟まれた、喧騒の谷間に位置するといえる。前川は、それを避けるために敷地外周に沿って施設群を設け、中庭を作る。そこから地下へアプローチさせることで、内部・外部を隔絶させるというなかなか巧みなプランニングである。見た目の面白みはないが。この辺りが藤森照信のいう「前川國男はプランを取り立面を捨てた」という事なのだろう。こちらで観るのが

「ムンク展 共鳴する魂の叫び」

エドヴァルド・ムンク(1863〜1944)はノルウェーを代表する画家で、「叫び」が有名である。というかそれしか知らなかったのだが、これがすごい作家だったのだ。
幼少期にあった母そして姉との死別。父との葛藤、安定しない自らの精神状態、破れ果てた初恋、恋人との諍いが発展した発砲事件など、彼にふりかかる事件を通して培われていくテーマ「息づき、感じ、苦しみ、愛する、生き生きとした人間を描く」すなわち生命そのものこだわって行く姿が編年式に展示される。

「病める子」「接吻」「吸血鬼」そして…

夭逝した母、姉をモチーフにしたと言われる「病める子」は不覚にも涙してしまう。白く正気のない少女の横顔は、死への不安と諦念とがないまぜになったなんとも言えない表情である。

「生命のフリーズ」と題された連作シリーズもある。あるモチーフを少しずつ解釈を変えながら、何作も描き続ける、というものだ。

「接吻」というシリーズがある。

最初の作品は、窓辺で情熱的に抱き合い、接吻する男女が写実で描かれるが、作を重ねるうちに男女は溶け合うように一体化していく。

「吸血鬼」は寝ている男の血を吸おうとしている女吸血鬼が次第に変化してゆく。

融合するのは同じだが、あるときは部屋の中、ある時は海辺、ある時は生命溢れる森の中と変わっていく。何やらメタフィクションのような展開が面白い。後世のガルシア・マルケスやフィリップ・K・ディックあるいは筒井康隆に影響を与えたのではないか。そんな気がする。そして「叫び」だ。

「叫び」

妹を見舞うため訪れたエーケベルグの町。そこで見た、血のように赤く染まった夕陽に恐れ慄き、そして叫び声を上げるムンクが描かれる。不定形に不気味に重なり合う形、色彩。極端にデフォルメされた「叫ぶムンク」。どこからどう見ても凄まじいインパクトである。一目みただけで釘付けになってしまう。もっとゆっくり観ていたかった。大混雑で叶わなかったのが残念でならない。

ムンクの生涯

生涯を芸術に捧げ、独身を通したムンク。そのために恋人から撃たれ左手の中指を失ったりする。晩年、ノルウェーの国民的作家として認められるも、ナチスドイツの台頭により「退廃的」として批判されるようになり、完全な隠遁生活に入る。そして孤独な死を迎えることとなる。彼の生涯は栄光に満ちたものであったか、あるいは悲劇的であったかは分からない。しかし、誰よりも「生き切った」といえよう。じつに見事な企画であった。素晴らしかった。でも、もう少し空いていればもっとよかったのだが。さすが東京だ、平日でも美術館が混雑するなんて。


にほんブログ村